All about Photonics

Business/Market 詳細

LaaS世界市場、2025年に16億ドル

April, 5, 2016, Boulder--ナビガントリサーチ(Navigant Research)は、商業ビルにおけるlighting as a service (LaaS)世界市場を分析し、LaaS管理下の販売額と面積の2025年までの予測を発表している。レポートは、地域、サービスタイプ、建物のタイプに分けられている。
 LED照明が普及し、照明制御システムが光を操作する技術力を拡大するにともない、関連市場が立ち上がってきている。同時に、新しい照明や照明制御製品に関する経験が欠如していることから、LaaSに頼るようになり、最新の照明システムに関わるソリューションがビルのエンドユーザに採用される方向に変わりつつある。ナビガントリサーチのレポートによると、世界のLaaS販売額は、2016年の3520万ドルから、2025年には16億ドルに成長する。
 ナビガントリサーチの主席アナリスト、Benjamin Freas氏は、LaaSを照明システムのサードパーティマネージメントとして定義する。これには、追加技術、保守、財源などが含まれる。「こうした提供は、照明システム導入から始まり、保守と管理を通じて継続し、装置の寿命終了時のリサイクルまたは廃棄までを含む」。
 現在、このような照明サービスの組み合わせを提供している企業は複数社あり、同レポートによると、顧客ニーズを満たすにはどうするのがベストであるかを実験している。ナビガントリサーチは、このような研究はトレンド初期を示すものであり、成熟して次の10年で急成長すると見ている。