All about Photonics

Business/Market 詳細

商用ビル向けネットワーク化照明制御販売は2015-2024年に382億ドル

January, 5, 2016, Boulder--ナビガントリサーチ(Navigant Research)は、商用ビル照明制御の世界市場を調査している。この調査レポートは、装置タイプ、ビルのタイプ、建設タイプ、技術および地域に分けられ、2024年までの出荷数量と販売額を予測している。
 照明コントロール市場は、蛍光照明優位からLEDsへの移行とともに拡大している。多様なシステムと膨大な導入済みシステムの両方で市場は拡大している。このようなコントロール需要拡大に対応するために、画期的な照明ソリューションを提供する小規模のスタートアップから、ビル制御企業まで、様々なベンダタイプが市場に引き付けられている。ビル制御会社は今では他のビルシステムとともに照明コントロールも対象にしている。ナビガントリサーチのレポートによると、ネットワーク化された照明コントロール世界市場は、2015-2024年に総額382億ドルに達すると予測されている。
 「照明プロジェクトに含まれるコントロールのコスト低下により、これらのシステムの導入決定が非常に容易になった」とシニア調査アナリスト、Jesse Foote氏は指摘している。「調光バラストから制御ソフトウエアまで、LEDs自体の価格とともに、ネットワーク化された照明コントロールシステムの主要コンポーネントのすべてが安価になってきている」。
 同レポートによると、世界中の多くの国々の建築基準法およびエネルギー法が、商用ビルに導入される照明技術に影響を与えている。これらの法律は、どんなタイプの空間が占有センサを使用しなければならないかを規定し、ビルの総エネルギー消費を制限することによって全般的な照明デザインに影響を及ぼすことができる。
 「商用ビル向けインテリジェント照明コントロール」調査レポートは、照明コントロールの世界市場を分析している。調査は、センサ、リレイ、スイッチ、バラスト、ネットワークコントロールギア、ネットワークサービス、通信技術を対象にしており、特にネットワーク化された照明コントロールにフォーカスしている。