All about Photonics

ニュース

ノースロップグラマン、US海軍から空中レーザ機雷探知システム受注

February, 6, 2015, Falls Church--

ノースロップグラマン(Northrop Grumman Corporation)は、米国海軍からAN/AES-1空中レーザ機雷探知システム(ALMDS)の継続生産を受注した。この契約に含まれるのは、5ALMDSポッドサブ […]

全文を読む

ProPhotonix、405nmレーザダイオードモジュール

February, 5, 2015, London--

プロフォトニクス(ProPhotonix)は、外部PD付の新しい405nmレーザモジュールの開発を発表した。新しいレーザモジュールは、長期にわたり優れた出力制御を可能としている。  405nmレーザダイオードは、一般に内 […]

全文を読む

オスラム、ハイパワー976nmレーザバーでファイバレーザ励起

February, 5, 2015, Bethpage--

オスラム(Osram Opto Semiconductors)は、SPL BF98-40-5レーザバーで、前例のないやり方でパワーとビーム品質を統合することに成功した。  このレーザダイオードは、高輝度であるので、ファイ […]

全文を読む

材料加工用レーザシステム世界市場予測

January, 28, 2015, Taegerwilen--

オプテックコンサルティング(Optech Consulting)によると、レーザ材料加工システム世界市場は、2014年に116億ドルに達した。  同社の分析では、2014年の市場は、前年の107億ドルから8%の成長だった […]

全文を読む

金属エンジン用コンポーネント品質向上のためにEOSとMTUが提携

January, 27, 2015, Munich--

ハイエンド積層製造ソリューションのグローバルリーダーEOSと、ドイツの大手エンジンメーカー、MTU Aero Enginesは、積層造形を利用する金属エンジンコンポーネントの品質保証を念頭に密接に協力すると発表した。両社 […]

全文を読む

任意の光パルスを生成する新しい方法

January, 26, 2015, Southampton--

サザンプトン大学の研究チームは、より強力で効率がよく低コストのパルスレーザを実現するための新技術を開発した。  同大学のオプトエレクトロニクス研究センタ(ORC)が開発したこの技術は、パルスレーザを利用する多くの分野に潜 […]

全文を読む

工業的極限環境で温度を記録する光ファイバセンサ

January, 23, 2015, Madrid--

カルロス三世マドリード大学(UC3M)の研究グループは、工業的極限環境で光ファイバを温度計として使用する技術を開発した。  開発されたシステムは、従来の技術ではアクセスできない領域の機械加工、切断加工の温度を計測すること […]

全文を読む

超短パルスレーザマシンシステム動作成功

January, 20, 2015, Geleen/Ougree--

AGORA b.v.(オランダ)、LUNOVU GmbH(ドイツ)、CEWAC a.s.b.l(ベルギー)は、新しい超短パルス(USP)レーザマシンシステムを開発し稼働に成功した。  このシステムは「コールドアブレーショ […]

全文を読む

ProPhotonix、コーク研究所/Tyndall国立研究所とライセンス契約

January, 9, 2015, London--

プロフォトニクス(ProPhotonix Limited)は、コーク技術研究所(CIT)およびティンダル国立研究所(Tyndall)と排他的ワールドワイドライセンス許諾契約を結ぶ。プロフォトニクスは、LED照明システムや […]

全文を読む

サテライト間で瞬時にデータ転送

January, 6, 2015, Berlin--

24/7でリアルタイムにデータを高速転送する技術の開発に取り組んでいる研究チームは、欧州宇宙機関(ESA)指揮下で、この目標に大きく近づいた。  40000kmの距離で、地球近傍と静止衛星間でデータ転送に初めて成功した。 […]

全文を読む

高い立ち上げ費用が3Dプリンタ投資遅れの原因

December, 24, 2014, Egham--

ガートナーの調査によると、企業や団体などの組織の60%が3Dプリンティング導入計画の遅れの主因は高い立ち上げ費用であると指摘している。とは言え、この技術の早期導入者は、多くの領域で明確なメリットを得ている、と同調査は報告 […]

全文を読む

テラダイオード、パナソニックと購入・供給契約

December, 22, 2014, Welmington--

テラダイオード(TeraDiode)は、パナソニック溶接システムズ(PWS)と購入・供給契約を締結した。  複数年契約にしたがいテラダイオードは、PWSに4kW高輝度TeraBladeレーザエンジンを供給する。TeraB […]

全文を読む

SemiNex、新しい技術特許を発表

December, 19, 2014, Peabody--

ハイパワー赤外レーザメーカー、セミネクス(SemiNex Corporation)は、コンパクトなレーザシステムおよび関連する自己調整アセンブリとパッケージングプロセスの特許(Patent 8,811,439 on Au […]

全文を読む

レーザ兵器システムを米国海軍船舶に搭載

December, 12, 2014, Arlington--

米国海軍研究所(ONR)の係官は、レーザ兵器システム(LaWS)の導入に初めて成功し、ペルシャ湾の海軍船上で動作させたと発表した。 LaWSはテスト中、高速で近づいてくる小型船に搭載した目標に命中。空からくる無人機Sca […]

全文を読む

レーザ加工市場、2020年に173億6000万ドル

December, 8, 2014, Dallas--

マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)の市場調査レポート「レーザ加工市場」によると、市場は2014-2020年にCAGR 6.18%で成長して、2020年には173億6000万ドルに達する。   […]

全文を読む

高エネルギーレーザ市場、2019年に112億ドル

November, 28, 2014, Wellesley--

BCCリサーチ(BCC Research)「高エネルギーレーザ:技術と世界市場」レポートによると、高エネルギーレーザと関連技術市場は、この先5年、CAGR 14%で成長して2019年には112億ドルに達する。医療や防衛産 […]

全文を読む

3Dプリンティング市場、2020年に84億ドル

November, 27, 2014, Leon--

マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)の「3Dプリンティング市場-2020年までの予測」によると、3Dプリンティング市場は、2014-2020年の期間にCAGR 14.37%で成長して2020年 […]

全文を読む

LLNL、3Dプリンティングパーツの残留応力効率的測定法を開発

November, 26, 2014, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、粉体層溶融積層造形法で作製した金属部品の残留応力を計測する効率的な方法を開発した。  この3Dプリンティングプロセスは、高エネルギーレーザビームを使って金属粉体粒子 […]

全文を読む

UCT、3Dプリンティング工場をシンガポールに設立

November, 26, 2014, Singapore--

UCT(Ultra Clean Holdings, Inc)は、株式非公開企業Prototype Asia LLCおよび同社シンガポールのAdditive Manufacturing Centerの買収を通じて3Dプリン […]

全文を読む

ESI、中国武漢のTopwinオプトエレクトロニクスを買収

November, 19, 2014, Portland--

ESI(Electro Scientific Industries, Inc)は、トップウィン(Wuhan Topwin Optoelectronics Technology Co., Ltd)を買収することで最終合意に […]

全文を読む

ドイツで自動水中レーザ切断工程を開発

November, 6, 2014, Rochester--

沖合のウインドファーム、橋や閘門の水中建設は現状ではスキューバダイバーが行わなければならない。金属構造の保守や修理には多くの工程が利用できるが、これらは時間がかかり、ダイバーでは困難。このため、レーザツェントルムハノーバ […]

全文を読む

スーパーソニックレーザ推進ロケット

November, 5, 2014, Washington--

ロシアのオプトエレクトロニック計測技術研究所のYuri Rezunkov氏とセントペテルスブルクの物理・技術研究所のAlexander Schmidt氏は、レーザ推進システムによって生まれる新しい推力改善法を発表した。 […]

全文を読む

世界のレーザ加工市場予測を発表

November, 4, 2014, San Francisco--

グランドビューリサーチ(Grand View Research)は、レーザ加工市場予測を発表している。  同社の調査によると、石油やガス掘削における高コストのレーザ掘削の導入が増加し、従来技術を置き換えていく見込だ。その […]

全文を読む

NIST、ハイパワーレーザのキャリブレーションサービス

November, 4, 2014, Gaithersburg--

NISTは、ハイパワーレーザ向けに新たなキャリブレーション(較正)サービスを始めた。ハイパワーレーザは、金属の切断や溶接用途では製造業が、不発地雷の信管を外すなど特殊用途では軍が用いている。  NIST(米国国立標準技術 […]

全文を読む

三菱重工、微細レーザ加工機「ABLASER」を開発

October, 29, 2014, Tokyo--

三菱重工業は、レーザ加工機事業の製品第一弾となる微細レーザ加工機「ABLASER」を開発した。  同社によると、この加工機は、独自の精密光学系ヘッドなどを駆使したことにより、各種穴あけをはじめとする精密加工を高速・高精度 […]

全文を読む

JDSUとアマダ、新しいダイレクトダイオードレーザを発表

October, 27, 2014, Milpitas--

JDSUは、アマダ(Amada)と提携して、最高出力2kWまでの新しいダイレクトダイオードレーザ(DDL)を開発したと発表した。DDLは、アマダの新しいシートメタル切断システムExCに組み込まれた。  DDLは主に溶接あ […]

全文を読む

島津、加工分野や計測分野向けに短波長レーザのラインナップ強化

October, 24, 2014, Tokyo--

島津製作所は、微細加工に適した「ファイバ結合型高輝度青色半導体レーザHK-5650」を10月14日に発売した。同時に同社は、オキサイドの「連続発振266nm深紫外固体レーザFrequadシリーズ」の販売も開始し、高出力/ […]

全文を読む

積層造形市場の34.7%が最終製品の部品製造

October, 20, 2014, Fort Collins--

ウォーラーズアソシエイツ(Wohlers Associates, Inc)のレポートによると、積層造形(AM)と3Dプリンティング市場全体の34.7%が最終製品の部品製造からの売上になっている。  2003年来、この市場 […]

全文を読む

JPL、バルク金属ガラスで複雑な形状をローコスト製造

October, 17, 2014, Pasadena--

JPL、Brigham Young University、カリフォルニア技術研究所の研究グループは、新しい材料と製造技術の組合せを利用して複雑で、ローコストの適合機構を実現する新しい方法を発表した。同グループによると、「 […]

全文を読む

オーストラリア軍、レーザ誘導ロケットの高精度打撃力を実証

October, 17, 2014, Nashua--

オーストラリア国防軍は、BAE SystemsのAPKWS(先端精密攻撃システム)レーザ誘導ロケットを陸海軍ヘリコプタに使用するためのトライアルに成功したと発表した。  地上でのトライアルは、標準の無誘導2.75インチ( […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。