All about Photonics

Products/Applications 詳細

コヒレント、ハイパワー産業用レーザ向けにDOE

January, 17, 2023, PITTSBURGH--Coherent Corpは、ハイパワー産業用レーザ向けに回折光学素子(DOEs)製品ラインを発表した。

光コンポーネントのイノベーションは、産業用レーザの所有コストを著しく下げ、既存および新規のアプリケーションの両方で、その採用を加速する。Coherentは、同社独自のナノインプリント技術と設計シミュレーションツールを活用し、新しい一連の高度にカスタマイズされたDOEsを提供する。これらは、非常に高い光効率と極めて均一なレーザビームを達成している。DOEs製品は、精密光学コーティングして提供される。これは、溶接、切断、積層造形を含む広範なアプリケーション向けkWクラスの産業用レーザで高信頼を保証する。

「当社の顧客は、われわれが達成できる幅広い範囲のDOE設計だけでなく、設計を劇的に改善し、製品を供給し、さらに量産製造できる、極めて短いリードタイムを喜んでいる」と主席マーケティングオフィサ、Dr. Sanjai Parthasarathiは、コメントしている。「回折光学は、次世代産業用レーザにとって、間違いなく破壊的な技術になる。DOEsは、究極的なオプティクス設計柔軟性とローコスト製造を統合しており、産業アナリストによると、間もなく10億ドルを超える急成長の原動力となる」。

DOEsは、産業用レーザ設計者には独特の機会を提供している、多数の光機能を一つの光学素子に統合するのでシステムレベルのアセンブリを大幅に簡素化する。そのような機能は、著しい低所有コスト、高い信頼性となる。部品数が少なく、光アライメントが極めて容易になり、時間経過にともなう故障メカニズムの数が少なくなるからである。

新しいナノインプリント技術は、レーザ加工市場に最適化されている。Coherentの既存DOE技術は、業界トップの量と表面ブラッググレーティングで構成されており、アプリケーションは通信および医療。Coherentは、メタサーフェス、メタオプティクス素子(MOE)ベースのウエファスケールオールガラスDOEsを提供している。これは、コンシューマエレクトロニクスなど、大量アプリケーションに適している。
(詳細は、https://www.coherent.com/)