All about Photonics

Products/Applications 詳細

TRUMPF、マルチシフトオペレーションで義歯を自動プリント

csm_Multiplate_e9c3cb2349

July, 19, 2021, Ditzingen--改善された”Multiplate”ソリューションにより、メーカーは、1ピースに最大400 teeth(歯)をプリントできる。3Dプリンタは、従業員がいなくても夜通し動作する。
 TRUMPFは、歯科業界のトレードフェアにおいて、3Dプリンティングで一連の製造ソリューションを紹介する。これには、TruPrint 1000 3Dの”Multiplate”機能の新しい改善バージョンが含まれる。この技術により3Dプリンタは、そのシステムが義歯をプリントする基板プレートを自動的に替えることができる。「当社のソリューションにより、修復歯の多層自動製造が可能になる。従来のフライス加工と対照的に、これは約十倍高速である。その結果、TRUMPFは、積層造形(AM)により歯科産業の生産性向上に大きく貢献する」とTRUMPF Additive Manufacturingの歯科産業マネージャ、Reinhard Srokaはコメントしている。TruPrint 1000のコーターツールは、プロセスの終わりに基板プレートをオーバーフローコンテナに押し込む。すると3Dプリンタは、新しい基板プレートを独立に下加工する。システムは、シームレスに次のプリント作業を開始できる。マシンオペレータが、それを開けて新しいプレートを挿入する必要はない。オーバーフローコンテナが基板プレートを正しい位置下げることはスプリングフォークが確実にする。マルチプレート機能を持つTruPrint 1000は、歯科産業、特に全ての小規模の歯科技工室に適している。

TruPrint 1000は1ピースで最大400ティース(歯)をプリント
新しいMultiplateバージョンでTruPrint 1000は、4つの基板プレートに修復歯を自動的に連続プリントできる。このためにTRUMPF技術者は、3Dプリンタがプロセス中に義歯とともに基板に積層的に構築する特別な支持構造を開発した。この構造により基板プレートは、プリントされた義歯に損傷を与えることなく、オーバーフローシリンダに相互スタックできる。TruPrint 1000はMultilaser原理を特徴としている。ここでは2つのレーザが粉体床で同時に動作する。Multiplate機能とMultilaser原理により、システムはブリッジやクラウンなど最大400の歯科製品を一度にプリントできる。Multiplate機能を持つTruPrint 1000は、歯科産業の全てのメーカー、特に小規模歯科技工室に適している。これは、同業界の担当者が、デリバリデッドラインに間に合わせるために夜中に3Dプリントを再始動することがよくあるからである。改善されたマルチプレート機能は、ボトルネック解消、競争力の維持に貢献する。

(詳細は、https://www.trumpf.com)