All about Photonics

Products/Applications 詳細

世界最高出力250Jの産業用パルスレーザー装置を開発

100933963

June, 29, 2021, 浜松--NEDOが進める「高輝度・高効率次世代レーザ技術開発」プロジェクトにおいて、浜松ホトニクス(株)はパルスエネルギーをLD励起では世界最高出力の250J(ジュール)とした産業用パルスレーザ装置を開発した。
 レーザ媒質に光エネルギーを蓄える能力の向上や、ビームの高品質化などにより、従来の産業用パルスレーザ装置と比べ同程度のサイズながら2倍以上のエネルギー増幅能力を実現した。

新開発の装置による加工データを取得・集約することで、データベースの構築やAIを用いた加工条件の最適化が可能になる。これによりレーザ加工の効率化だけでなく、医療・エネルギー分野などでの応用開拓も期待される。

浜松ホトニクス(株)は6月30日(水)から7月2日(金)までパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される国内最大級の光技術展示会「OPIE’21」のNEDOブース内で開発成果を公表し、併せてレーザ加工サンプルの展示なども行う予定。
(詳細は、https://www.nedo.go.jp)