All about Photonics

Products/Applications 詳細

II-VI、高出力産業レーザ向けに業界初非球面サファイアオプティクス

II-VI_sapphire-980x551

December, 17, 2019, Saxonburg--II‐VI Incorporatedは、10 kWを遙かに上回る次世代レーザシステム向けに業界初の非球面サファイアオプティクスを発表した。
 切断や溶接向けの次世代産業レーザは、10 kWを超えてますます高出力化しており、レーザオプティクス要件をより高いレベルの性能と耐久性に押し上げている。II-VIは業界で初めて、高品質サファイア材料で非球面レンズをサブミクロン光学公差で製造した。これにより溶融シリカで普通に利用されている同じ先進的シングルエレメント光学設計が可能になるが、熱伝導性は20倍向上し、高出力レーザ加熱に関連する焦点移動が大幅に低減される。非常に高いレーザパワーでは、サファイアオプティクスは、溶融シリカオプティクスよりも長寿命であり、システムの耐用年数中のレーザシステム総所有コスト低減となる。
 「当社は、II-VIにだけある画期的なオプティクス性能で、高性能光学系向けの設計オプションの範囲を再び広げる」と特注材料、レーザオプティクス事業ユニット、Sr. Vice President、Steve Rummelは、コメントしている。
 II-VIのサファイアオプティクスは、広範なレンズ設計、またUV~中赤外までの広い波長範囲で提供される。
(詳細は、https://www.ii-vi.com)