All about Photonics

Products/Applications 詳細

Mercedes – Benz Trucks、初の3Dプリント金属交換部品を生産

August, 4, 2017, Stuttgart--メルセデスベンツトラック(Mercedes-Benz Trucks)は、3Dプリンティングを一歩前進させた、旧来モデルからのトラックとUnimogモデル用のサーモスタットカバー、金属製の初のプリントスペアパーツが、メルセデスベンツの厳しい品質保証プロセスを順調にパスした。このことは、メルセデスベンツトラックが、金属コンポーネントの最先端3Dプリンティングプロセスの難しいセグメントで技術的リーダーとなったことを意味する。
 メルセデスベンツトラックの顧客サービス&パーツ部長、Andreas Deuschle氏は、「3D金属パーツで、従来の製造パーツと同じ機能、信頼性、耐久性、コスト効率を保証する」とコメントしている。
 メルセデスベンツトラックの顧客サービス&パーツでは、自動車3Dプリンティングは、1年前に、アフターサービスや交換部品の製造部門で成功継続が始まった。それ以来、カスタマーサービス&パーツは、Daimler AGの研究者や事前開発者と協働して、プラスチックパーツ向けに最新の3Dプリンティング工程利用を絶えず改善し、拡大してきた。高品質プラスチックコンポーネントの3Dプリンティングは、今では、付加的製造法としての地位の確立に成功した。また、特に小ロットの製造に適している。
 3Dプリンターによる金属パーツは、その高強度、耐熱性で優れており、工程は少数が必要とされる機械的、熱的ストレスのコンポーネント製造に特に適している。金属部品は、「ボタン一つで」どんな形状でも、いくつでも製造可能である。3D交換部品の製造は、稀に注文が来るアルミニウム部品で始まった。部品は、ほぼ100%の密度であり、従来のダイキャストアルミ部品と比べて純度が高い。その高強度と硬度、高い動的抵抗は別にして、製造はコストがかからない開発作業であり、特殊工具調達が不要になる。考えられる利用領域は、金属製のエンジンパーツ、内燃パーツ、冷却システムのパーツ、トランスミッション、軸あるいはシャーシ。特に、複雑な形状の際は、少量の3Dプリントパーツはコスト効果よく製造できる。頻度が少ない交換パーツ、特殊パーツ、小さな昔のモデル用途である。
(詳細は、www.daimler.com)