All about Photonics

Products/Applications 詳細

II-VI社、ファイバレーザ向け18 W励起レーザダイオード増産

June, 20, 2017, Pittsburgh--II-VI Incorporatedは、ファイバレーザ向けに18 W励起レーザダイオードの生産を増やすと発表した。
 切断、溶接、ロウづけに使用されるキロワットクラスファイバレーザは、その性能拡張はコンポーネントのイノベーションに依存している。II-VIの新しい高輝度レーザダイオードは、190 µmワイド出力ファセットを特徴としており、広く使用されている200 µmコアファイバへの最適結合効率が達成されるように設計されている。エミッタ当たりの出力増により、ファイバレーザメーカーは、エミッタの数を減らしながらより高い出力レベルを達成することができる。
「当社の新しいレーザダイオードに対する力強い需要の結果、今年末までに生産能力を二倍にする予定である」とII-VI Lase Enterprise ジェネラルマネージャー、Karlheinz Gulden氏はコメントしている。
 18 W励起レーザダイオードは、915、940および976 nmで提供される。これらはII-VI独自のE2フロントミラーパッシベーションを特徴としており、過度の高出力でもレーザダイオードファセットのCODを保護する。励起レーザダイオードは、ベアダイ、チップ・オン・セラミックサブマウント、ファイバ結合シングルエミッタモジュール/マルチエミッタモジュールで提供される。