All about Photonics

Products/Applications 詳細

膨大なアプリケーションに適用できるTRUMPFのLMD

November, 29, 2016, Ditzingen--レーザメタルデポジション(LMD)は産業アプリケーション向けの強力なアディティブ技術に成長した、精製、コーティング、接合あるいは最初から作り上げる製造技術である。
 フランクフルトで行われた展示会でTRUMPFはLMD技術の新しいソリューションとアプリケーションを紹介した。レーザメタルデポジションポートフォリオでTRUMPFは、幅広い分野とアプリケーションをターゲットにしている。積層造形とともに、ここには接合技術、コーティングシステムの作製も含まれる。フランクフルトでは、焦点は航空機製造における修復アプリケーション、単一の装置で様々なレーザベースの技術の組合せだった。
 航空機製造では、LMD法はすでに成熟し確立された技術である。たとえば、ガスタービン、コンプレッサブレードの修理に使用されている。そのプロセスは安定していて、再現性があり、堆積量の品質は航空機業界の厳しい仕様を満たしている。この分野では、メンテナンス作業と技術システムおよび機械のサービスが、LMD法の高成長を可能にする。例えば、いわゆるブリスク(ブレード組込みディスク)技術はエンジンやタービンの製造分野でますます広がりつつある。ブリスクは、ディスクといくつかのブレードで構成されるコンポーネント。この技術の利点は、メーカーが組立コストを削減できるだけでなく、もっと重要な点であるが、タービンやエンジン全体の重量を削減できることである。しかし、欠点もある。ブリスクが摩耗、損傷すると、置き換えが厄介で高価になることだ。LMDは損傷部分や亀裂をレーザと粉体を使用して修理することでブリスクを修復、回復できる。この方法だけで、タービンやエンジンメーカーは修復コストを最大92%削減できる。
 高価値コンポーネントの修復に加えて、コンポーネントの精製とコーティングは引き続きLMDの主要アプリケーション分野である。ここでは、コンポーネントに数層の積層を行い、最終的に表面特性を改善し、摩耗や腐食などの問題からコンポーネントを保護する。
 技術そのものに関しては、レーザは基板表面に溶融池を作り、粉体を溶融する。これが同時に同軸上に積層されて所望の形状になる。堆積量は任意の空間方向に成長可能。積層率は時間当たり500立方センチメートルに達する。形状複雑性が許すなら、コンポーネント全体がLMD技術を利用して生成できる。視野を広くとると、これは、コンポーネントの修復というよりも、将来の多くの修復アプリケーションにも関係しており、最初から完全再生も可能である。場合によっては、LMDは従来の接合技術の代替にもなる。そのようなアプリケーションではギャップを埋めることが好例である。粉体は、微粒子であるので、非常に優れた品質の均一な接合部ができる。機械的な後工程は不要である。
(詳細は、www.trumpf.com)