All about Photonics

Products/Applications 詳細

ライトスミス、ブレイクスルーナノフォトニック製品を発表

February, 15, 2016, Eugene--ライトスミステクノロジーズ(LightSmyth Technologies)は、ナノフォトニックマイクロオプティクスとレンズアレイ製品の新しいポートフォリオを発表した。
 製品は、幅広いエンジニアリング技術と確立された製造技術を組み合わせた成果であり、これによって高性能でコスト効果の高いオプティクスの製造が可能になる。アプリケーションには、通信、防衛、生命科学およびその他の重要市場が含まれる。
 ライトスミスの回折光学素子は、任意のビーム成形や波面変更を行うためにコンピュータ処理ホログラフィ原理を利用する。このデザイン技術で、レンズ、渦位相坂、アキシコン、ビームスプリッタ、パタンジェネレータ、コンピュータ生成ホログラム、他の光学コンポーネントが作製される。このアプローチの主要なメリットには、高性能、コスト効果の優れたウエファスケール量産、高い光パワー損傷閾値、環境安定性が含まれる。回折構造は、溶融シリカおよび他の材料に直接エッチングされ、有機物質の利用は不要。コンポーネントは単独でもアレイでもサイズに制限なく製造できる可能性がある。
 ライトスミス社長Thomas W. Mossberg氏によると、同社のアプローチにより標準的な屈折光学では達成できないビーム成形機能が実現できる。
 このアプローチは、ビーム成形に使用するパッシブ層と、光源やディテクタを含むアクティブ層とのハイブリッド集積に使用して、ロバストでコスト効果の優れたオプトエレクトロニクスチップ実現に使用される。
 ライトスミスは、フォトニクスやオプティクス向けDUV投影リソグラフィのリーダー。