All about Photonics

Business/Market 詳細

APAC地域、レーザ産業で優位性確保

July, 14, 2015, Wellesley--BCCリサーチによると、GDPの伸びが高いAPAC地域でカスタマイズレーザ製品の販売が増加し、市場の成長を押し上げている。
この地域の多くの発展途上経済が需要増に対応するために生産を増やしているので、APAC地域は、数量と販売額(ドル)の両方で、アメリカ、EMEA地域を凌駕するとBCCリサーチのレポートは予測している。
レーザ世界市場は、2014年に約108億ドルだった。この市場は、CAGR 6.5%で成長して2015年には117億ドル、2020年には160億ドルに達するとBCCリサーチは予測している。アメリカ市場は、CAGR 5.5%成長で、2015年には約33億ドル、2020年には42億ドルに達する見込み。アジアパシフィック(APAC)地域では、製造分野の好況に支えられて市場はCAGR 7.2%で成長し、2015年には51億ドル、2020年には72億ドルに達する見込みだ。
このレポートは、主要カテゴリーに沿ってレーザ市場を分析している。カテゴリーは、イノベーション、設計、製造、インテグレーションおよび販売といった状況でのレーザ技術、最終アプリケーション、地理的地域、価値連鎖となる。
「特注要求によって、継続してニッチ分野に対応している多くの中小企業が生まれた。こうした企業は、可能な限りエンドユーザに密着したいと考えており、こうした活動が先進市場におけるレーザ産業を支えている」とBCCリサーチのアナリスト、Kaustubha Parkhi氏は分析している。