All about Photonics

Business/Market 詳細

積層造形(AM)の後加工市場、2031年までに18億ドル

October, 17, 2022, New York--SmarTech Analysisのレポート「積層造形後加工:市場の現状と展望」は、経営、投資家、ユーザ、製品企画者、マーケティング担当者が、AMワークフローにおけるこの重要な経路の理解を深めることができる生データや分析を提供している。
 レポートの著者は、著名な産業コンサルタント3Eegreesの創始者、Ph.D、Mike Vasquez。

材料とプリンティング技術が進歩するにつれて新しいアプリケーションが、AMの現在のコストや技術能力範囲内になっている。このプロセスを進めるのに役立った一つの要素は、様々なAMプリンティング法向けの後加工技術の成熟である。現状、AMは、最終製品製造市場全体の小部分であるが、その部分は拡大している。

ほぼ全ての3Dプリンティングオペレーションである程度の後加工は必要である。サポート、余分な粉末の除去、あるいは基本硬化のためである。とは言え、業界では、プリンティング特化作業が進化した。これは、AM部品の既知の欠陥、つまり表面粗さ、材料性能をターゲットにしている。

レポートの要点
・ポリマ後加工市場は、2022年に1億4500万ドル、2031年には4億6600万ドルを上回る。金属では、市場規模は2022年に1億7500万ドル、予測では2031年に13億ドルに達する見込である。
・自動車がポリマ後加工の最大市場。金属後加工では航空宇宙が最大。
・エンドユーザは次第に、製造ワークフローに仕上げ作業をいかに組み込むのがベストかを決定しつつある。戦略的仕上げサプライヤとの提携か、社内に自動技術を導入するかのいずれかである。
・労働力シフトのダイナミクスの影響が、産業内に、自動化のトレンドをもたらしている。必要な労働力を最小化しながら、高生産量アプリケーションで全般的なスループット増が狙いである。

(詳細は、https://smarttechmarke.wpenginepowered.com)