All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティング金属市場規模、2028年に23億6000万ドル

October, 20, 2021, San Francisco--Grand View Researchのレポートによると、3Dプリンティング金属市場規模は、予測期間にCAGR 25.7%成長で2028年に23億6000万ドルに達する見込である。市場の成長は、コスト効果の優れた3Dプリント部品、リードタイム削減、製造中の複雑な部品開発によるものである。

航空宇宙&防衛エンドユース分野では、潜在的なコスト削減が市場の成長を刺激する重要要素。例えば、2018年11月、米国の世界的航空宇宙&防衛企業、ロッキードマーチンは、3Dプリントされた部品により、F-35 Full Mission Simulator (FMS)ユニットの価格を削減し、約4500万ドルの節約になる、と発表した。

金属3Dプリンティングは、軽量で強力な構造を製造、複雑なデザインに対応、少量を維持できる。これらの要素が、様々なエンドユース産業でアプリケーションの幅を広げる。例えば、医療、航空宇宙、自動車、コンシューマ製品。3Dプリンティング技術は、品質の一貫性、制約された多材料プリンティング能力、狭い範囲の材料、高い材料コスト、サイズ、拡張性を含む課題にさらされている。

航空機産業は、頻繁に飛行機を利用する人、新規に飛行機を利用する人々の数の増加により成長が見込まれている。航空機産業は、需要増に応えるために3Dプリンティング技術を採用しつつある。優れた強度と疲労耐性を持つ最適金属であるニッケルやインコネルは、航空機産業で採用がますます増加している。ニッケルとニッケル合金は、様々な分野で3Dプリンティングに適合しているので、市場の成長を促進する見込がある。

ごく最近まで、金属3Dプリンタの複雑さと高コストが、積層造形の利用を大量、低価値パーツに限定していた。SLMおよびDSLMプリンタ価格は、40万ドルから始まり、100万ドルを超える。また、それらは注意深く制御された環境と高度に熟練したワーカーを必要としている。この市場は、ごく最近、いくつかの投資が見られた。例えば、2016年、GEは、重要な金属AM会社、二社、ArcamとConcept Laserを買収した。様々なベンチャー支援企業がローコスト製造技術、手頃な価格の3Dプリンティングアプリケーションの開発に取り組んでいる。

3Dプリンティング金属試乗レポートのハイライト
・収益では、APACが予測期間に2番目に大きな地域市場にとどまる見込。
・OEMsによる3Dプリント部品の採用増とともに小規模企業数の増加が、市場の成長で重要な役割を担うと予測される。
・2020年、チタンが41%を超える最高収益シェア。高い疲労強度、強度対重量比、優れた耐腐食性などの特徴がチタン需要を促進する重要要素。
・収益では、医療&歯科アプリケーションセグメントが、2021-2028年に最速CAGR成長の見込み。
・健康意識の向上、医療アプリケーション向けの新しい合金の開発、パーツをカスタマイズするための3Dプリンティング能力が、このセグメントの成長を後押しする重要要素。