All about Photonics

Business/Market 詳細

北米の金属粉末AM市場規模、2030年に7億7000万ドル

July, 30, 2021, Delware--Global Market Insights Inc.のレポートによると、北米の金属粉末積層造形(AM)市場規模は、2030年に7億7000万ドルを超えると予測されている。これは、米国、メキシコ、カナダにおける医療、航空宇宙および自動車産業の堅調な成長によるものである。加えて、産業分野で工具プロトタイプやカスタム部品の精密製造に対する注目度上昇が、北米の金属粉末AM市場に成長機会を与えている。

航空機損傷部分修復で成長するブローンパウダ製造技術
ブローンパウダ(粉末吹きつけ)セグメントは、予測期間に大きく成長し、2030年末までには8500万ドルを超えると予測されている。ブローンパウダ法は、一般に、多用途レーザベースAMと見なされている。これは、複雑な非平衡物理的&化学的冶金性質のためである。したがって、航空機産業で損傷部品の修復に広範に用いられている。防衛用航空機需要の増加、商用航空機の拡大が、北米における航空宇宙分野を加速する。

金属直接堆積(DMD)セグメントは、2030年末までに6500万ドルを超える見込であり、予測期間にCAGR 20%を超える成長が見込まれている。その技術は主に航空分野で、置き替えよりも、複雑なコンポーネントやパーツの修復に利用されているからである。これは、スペアパーツ&アセンブリ&解体コストに関わるコスト削減に役立つ。

レーザ工学ネット成形加工(LENS)セグメントは、予測期間にCAGR 19%を超える成長が見込まれている。この方法が完全緻密形状クローズドループ制御の構築に広く利用されているからである。目的は、医療、航空宇宙、自動車産業で使用される製品の製造、製品を優れた機械的強度にすること。米国経済の急成長と医療および自動車産業への注目度向上が産業の成長を後押しし、これが今度は、予測期間に北米の金属粉末市場シェアのAMの成長を後押しする。

産業予測により、ブローンパウダ製造技術セグメントが2030年までCAGR 20%を超える成長。航空機分野で損傷部品の修復での利用が増加しているためである。

合金材料の高強度、腐食耐性、優れた電気伝導性および熱帯性特性が、市場の成長に寄与
 合金セグメントは、2020年北米で大きなシェアを獲得し、市場規模は、約3300万ドル。航空宇宙や自動車産業でアプリケーションが増加している。これは、高強度、腐食耐性、優れた電気伝導性、熱抵抗特性が北米で金属粉末AM市場需要を促進しているためである。

チタン合金材料セグメントが、予測期間にCAGR 29.5%を超える成長が見込まれている。航空宇宙、医療分野で様々な複雑な部品の製造に、それが幅広く利用されているからである。これは、その展性、強靱性、低密度によるものである。同様にアルミニウムセグメントは、予測期間にCAGR 27.4%成長が見込まれている。優れた熱伝導性と仕上げ能力により航空宇宙産業でのアルミニウム利用が増加しているからである。

産業予測では、合金材料セグメントが2030年末までに27%を獲得する見込である。これは、高強度、腐食耐性、優れた伝導性、熱抵抗のためである。

医療インプラント3DプリンティングでAM技術応用が急増
医療アプリケーションで金属粉末利用のAMが、2020年、2350万ドルの市場規模、大きなシェアを獲得。AM金属粉末技術を利用して、歯科インプラント、股関節臼蓋、骨プレート、大腿ステムなどのインプラント製造に利用されている。したがって、急速な医療技術の進歩とともにカスタマイズ医療製品需要増加が、医療インプラント需要を押し上げ、北米の金属粉末AM市場の成長を促進している。

産業予測では、医療アプリケーションセグメントは、2030年末までに20.0%を超える見込である。これは、医療インプラントの3Dプリンティングの積層造形技術アプリケーションが増加しているためである。

カナダの医療製品需要増が製品需要の誘因となる
 カナダは、予測期間に著しい成長が見込まれており、2030年には4500ドルを上回る見込である。モニタリング装置、診断装置、整形外科および歯科製品など、様々な医療製品需要の増加が、医療分野の成長を促進する。カナダには、高品質医療技術の強力な需要がある。これは、主にヘルスケア支出の増加、消費者の高収入が原因である。このトレンドは、予測期間における北米の金属粉末AM市場の成長機会を示している。

北米の金属粉末AMプレイヤは、多様な戦略を実施している。提携、M&A、強力により市場における地位を維持するためである。
(詳細は、https://www.gminsights.com/)