All about Photonics

Business/Market 詳細

レーザマーキング装置市場、2027年に46億ドル

April, 28, 2020, San Francisco--Grand View Research, Incの調査によると、世界のレーザマーキング装置市場規模は、予測期間にCAGR 7.7%成長で、2027年には46億ドルに達する見込みである。
 工作機械や航空宇宙などの産業で先進的なマーキング技術の採用増、製品のトレーサビリティ改善のために製造品の正確マーキング需要の増加が、市場成長を促進する要因の一部。自動車、半導体、電子産業では特に工作機械や装置のマーキングで幅広いアプリケーションが、2020-2027年に市場の需要を押し上げると見られている。

生産性を強化するための工場オートメーション、省エネ、ダウンタイム削減の重視が、市場全体の需要を牽引すると見られている。さらに、インドなどの新興経済は、次の数年で量産トレンドが見込まれる主要な市場である。量産は、自動化技術、迅速展開組立ラインの支援で実行されるので、自動レーザマーキング装置需要に貢献する。

一方、レーザマーキング技術利用に関わる安全と健康問題が市場の制限要因になる。これらの装置関連で最も目立つ安全問題はやけどと煙である。レーザによるやけどは、CO2レーザ刻印やマーキング装置のオペレータでよく見られる。安全と健康を保証するための予防措置の必要性は、運用コスト増になる。結果として、高い初期投資、安全と健康関連問題、レーザマーキング装置利用に関わる高い運用コストが、予測期間に市場成長の制限要因になり得る。

調査の要点
・2019年市場で優位を占めたファイバタイプセグメントが、予測期間に引き続き優位を占める。2020-2027年、CAGR 9.8%成長の見込み。これは金属での利用拡大によるものである。したがって、自動車、航空宇宙、工作機械産業で際立つシェアが見込める。
・2019年、工作機械セグメントが優位を占めており、2027年には、13億ドルに達する見込みである。ロボットやセンサ需要増が、ツールの特定や認識要求を高めており、そのセグメントの成長因となる。
・2019年、APAC地域が、41.8%シェアでレーザマーキング市場で優位を占めた。予測期間にその優位性は続くと見られている。同地域における成長は主に、中国工作機械産業における強化された製造技術の採用、航空宇宙&軍事産業の発展によるものである。
(詳細は、https://www.grandviewresearch.com/)