All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティング市場、CAGR 23.3%で、2025年に429億ドル

July, 16, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dプリンティング市場、提供品(サービスとプリンタ)、プロセス(直接エネルギー堆積、粉体床溶融結合)、技術(選択および直接金属レーザ焼結)、アプリケーション(プロトタイピングと部品製造)、エンドユーザ(産業と教育)および地域ごとの2025年までのグローバル予測」によると、市場は2019-2025年の間にCAGR 23.3%成長で、2018年の99億ドルから、2025年には429億ドルに達する見込である。
 さまざまな業種における3Dプリンティング採用増、新しい産業グレード3Dプリンティング材料の開発が、この市場の成長を後押しする主因。

提供品ベースでは、サービス市場が、2025年までに3Dプリンティング市場で最大シェア
 サービス市場は、2025年までに3Dプリンティング市場で最大シェアを占めると予測されている。サービス市場首位は、カスタム設計や製造の需要増によるものである。首位を維持する別の理由は、教育やコンシューマ産業からのデスクトップやパーソナルプリンタの需要増である。

プロセスベースでは、粉体床溶融プロセスが予測期間に高いCAGRで成長
 粉体床溶融プロセスは、2019-2025年に最大CAGRで成長する見込である。複雑な形状を製造する能力、高分解能の特徴、優れた強度、良質の表面仕上げが、粉体床溶融プロセス市場を後押しする要因。このプロセスを用いて製品を開発するためのリードタイムは、他のプロセスと比べると短い。これらのプロセスは、自動車からヘルスケア、産業用までいくつかの産業でアプリケーションがある。

技術ベースでは、選択レーザ焼結の3Dプリンティング市場が予測期間に高いCAGR
 選択レーザ焼結(SLS)技術市場は、2019-2025年に、レーザ金属堆積技術よりも成長率が高いと見られている。それは、耐久性があり安定した製造部品を少量製造することができる手頃な3Dプリンティング技術だからである。SLSベース3Dプリンティングは、航空宇宙&防衛、エレクトロニクス、自動車、ヘルスケア、エネルギーやエンジニアリング分野に導入されている。

プロトタイピングアプリケーションの3Dプリンティング市場が予測期間に最大シェア
 3Dプリンティング市場プロトタイピングアプリケーションは、2019-2025年に高いCAGRが予想されている。プロトタイピングアプリケーション市場は、複数の産業でこれらのアプリケーションに対する堅調な需要に牽引されている。これは、企業にとっては、従来の製造におけるプロトタイプ移行中の無駄を省け、また運用コスト削減にも役立つ。

予測期間に産業用3Dプリンティング市場が最高CAGRで成長
 エンドユーザ業界セグメントベースでは、産業向け市場は2019-2025年に最高CAGRで成長すると予測されている。産業向け3Dプリンティング市場の成長は、GE Aviation、BAE Systemsなどの一流企業の継続的投資によって牽引されている。また、将来の需要を強化すると見込める企業からの投資も寄与している。産業分野のAMアプリケーションには、工作機械、特殊機械製造、ロボットが含まれる。

APACにおける3Dプリンティング市場が予測期間に最高CAGRで成長
 APACにおける3Dプリンティング市場は、予測期間に最高CAGRで成長する見込である。この地域の膨大な人口、政府の政策、R&D増加、広範な産業基盤が、APACを3Dプリンティングの動的地域にする主因である、日本や中国などが主に寄与している。