All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティング市場、2024年に348億ドル

March, 20, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dプリンティング市場、提供品(プリンタ、材料、ソフトウエア、サービス)、プロセス(バインダジェット、ダイレクトエナジーデポジション、材料押出、材料吐出、粉末床溶融結合)、アプリケーション、業界、技術、地域ごとの-2024年までの世界市場予測」によると、3Dプリンティング全市場は、2018年の99億ドルからCAGR 23.25%成長で、2024年には348億ドルに達する見込みである。特注製品開発の容易さ、製造コスト低減および工程ダウンタイムの削減、3Dプリンティングプロジェクトへの政府の投資、新しい産業グレード3Dプリンティング材料の開発がこの市場の成長を促進する主要素である。

2024年までにサービス提供が3Dプリンティング市場で大きなシェア
 サービスセグメントは提供サービスで、3Dプリンティング市場の最大シェアを占める。サービスの市場の予測される成長は、カスタムデザインと製造需要激増の予想される急増が原因。3Dプリンティング市場は、ヘルスケア(医療、整形外科、歯科)、航空宇宙、自動車などの産業における急速な進歩で高い成長率を記録してきた。これらの産業が同技術を早期に採用したからである。とは言え、プリンティング技術と材料の進歩により、3Dプリンティングサービス分野が、プリンタや材料と比べて、利益源として、大きな牽引力を獲得しつつある。

粉末床溶解プロセスが、2024年までに3Dプリンティング市場で最大シェアとなる見込み。
 粉末床溶解プロセスは、3Dプリンティング市場で最大シェアを占める。複雑な形状、高い外観解像度、優れた強度、卓越した表面仕上げを実現できる能力が、粉末床溶解プロセスの市場での主要な成長因である。航空宇宙、自動車、ヘルスケア、エンジニアリング産業で、最も一般的な粉末床溶解プロセスに基づいた3Dプリンティング方法は、直接金属レーザ焼結(DMLS),電子ビーム溶解(EBM)、選択加熱焼結(SHS、選択レーザ溶融(SLM)、選択レーザ焼結(SLS)などの技術である。

APACの3Dプリンティング市場が最高CAGR成長
 APACの3Dプリンティング市場は、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。政府の生産、R&D投資、広範な産業基盤が、APACを3Dプリンティングを動的地域にする主因である。日本と中国が主に寄与している。3Dプリンティング研究センタの確立、トレーニング、教育、市場の大手プレイヤによる取り組みが流通網を新興アジア諸国の市場にも広げ、APAC市場成長を促進すると見られている。
(詳細は、https://www.marketsandmarkets.com/)