All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティング プラスチック市場、CAGR 24.9%

October, 11, 2018, San Francisco--グランドビューリサーチ( Grand View Research, Inc.)の調査によると、世界の3Dプリンティングプラスチック市場規模は、予測期間にCAGR 24.9%で、2025年に19億8000万ドルに達する見込である。
 激増する3Dプリンティングプラスチック需要、特に医療や航空宇宙&防衛産業からの需要が、予測期間を通じて市場の成長に寄与する見込みである。
 3Dプリンティングプラスチック市場は、US、中国などの重要経済諸国の有利な政府の政策的支援の恩恵を受けている。3Dプリント製品は、リードタイムの低減、コスト削減、リスク緩和を通じて規模の経済達成に大きく寄与している。3Dプラスチックにより、コンシューマニーズによるカスタマイズが容易になる。したがって、様々な最終利用産業、自動車、医療、電気&エレクトロニクスなどからの3Dプリンティングプラスチック需要が急増している。
 3Dプリンティングの普及率は、複数の新旧産業で急増が見込まれている。これは、順送りに、プラスチックなどのプリンティング材料需要激増につながるとみられている。機能的プロトタイピング、工作機械、および設計が、新規アプリケーションエリアで3Dプリンティングの広範なアプリケーションを可能にしている。
 消費財が3Dプラスチック製品の大きなアプリケーションとして登場してきている。これは、積層造形(AM)技術によりリードタイムが短縮されるからである。革新的なAMソリューションにより、複雑な形状のデザイナーパーツの製造が可能になり、したがって、メーカーは、個別部品に対するコンシューマの増え続ける要求に簡単に応えられるようになる。フォトポリマは、2017年、収益と量の両方で支配的なプラスチックセグメントだった。
 フォトポリマに対する高い需要は、SLA(光造形法)技術利用により、産業プロトタイプの製造需要が高いためである。ポリアミド/ナイロンは、予測期間で最速成長が見込まれている。商用アプリケーショだけでなく、国内需要も増加しているからである。ポリアミド/ナイロンの利用には、レーザ焼結技術が必要である。

調査結果の要点
・北米は、予測期間を通じて収益に関して世界的に支配的な地域市場である。一方APACは予測期間に最高のCAGR 26.7%が見込まている。APAC地域、特に中国とインドで、有利な政府の政策が、市場の成長を促進する。
・フォトポリマは、2017年の世界の3Dプリンティングプラスチック市場で最大セグメントだった。フォトポリマは、いくつかのエンドユーザ産業で広範に利用されている。それが、3Dプリント製品で、結合剤、添加剤、着色剤、可塑剤、化学剤として機能するからである。