All about Photonics

Business/Market 詳細

自動車3Dプリンティング材料、2ケタ成長

April, 2, 2018, London--設計と材料の柔軟性が、自動車3Dプリンティング材料市場を刺激する。この産業におけるこれまでで最大アプリケーションである、ラピッドプロトタイピングにおける3Dプリンティングの採用は、従来の製品開発に比べてOEMにとってリードタイムとコストの削減により促進されている。Frost & Sullivanは、3Dプリンティング技術は、カスタマイズパーツを製造する特殊マイクロ工場の発展につながると見ている。これは、自動車産業が大量生産から大量カスタマイゼーションへシフトするからである。Frost & Sullivanは、世界の自動車用3Dプリンティング材料市場は、2017-2024年にCAGR 17.8%で成長し、2024年に5億7650万ドル規模になると予測している。
 Frost & Sullivanのシニアリサーチアナリスト、Sayan Mukherjeeは、「3Dプリンティング材料は、部品製造やソリューションの非集中化、ローカライゼーションを可能にすることによって世界の自動車ビジネスモデル再形成で重要な役割を果たす。これが、次の20年で、巨大工場を変革すると予測されている」と分析している。
 さらに同氏は、「不確かな材料供給シナリオ、末端部品製造における一貫性の欠如、高価格が、市場が直面する大きな課題である。しかし、材料価格の合理化が、OEMの間で3Dプリンティング技術の採用を促進すると見られている」とコメントしている。