All about Photonics

Business/Market 詳細

EOS、金属ベースAMに業界全体品質基準を設定

nws20160907_bm_ils

September, 7, 2017, Krailling--EOSは、金属とポリマの産業用3Dプリンティング分野の世界的技術サプライヤである。EOS StainlessSteel 17-4PH IndustryLineで、同社は全部門にわたる産業および品質基準の水準を引き上げた。
 製品は、鉄ベース金属合金粉末と、EOS M 290金属システムでの製造用に、特殊開発プロセスパラメータで構成されており、AMを使った連続生産の基本要件を満たしている、最終製品の材料特性の信頼性データが最高度であり、再現性のある部品品質を保証しているからである。この技術によりユーザは、下流の品質保証および部品品質認定の分野で時間を節約し、コストを削減することができる。
 従来の製造工程と比較して、破損、抗張力、完成部品の硬度など産業用3Dプリンティング材料特性は、以前は小さな統計的母集団に基づいて決定されていただけである。このために、複雑なテストや認定プロセスを行う必要があった。
 EOSのCTO、Dr. Tobias Abelnは、「安全性と信頼性設計は、連続生産を行う顧客にとって最優先事項である。StainlessSteel 17-4PH IndustryLineでは、EOSは完成品の最も重要な材料特性に、信頼できる、統計的に立証されたデータを提供する」と説明している。
 さらに同氏は、「これは、アディティブマニファクチャリングにおける品質基準を大幅に引き上げることになる。顧客は、データ 1 : 1を使用して大規模生産で技術を認定することができる。したがって、社内の材料や工程の資格認定に必要な時間を最小化し、コストを削減することができる」と続けている。
 コンポーネントの大規模アディティブマニファクチャリングの開発と製造プロセスは、したがって、より効率的になり、Time to Marketプロセスも同時に加速される。

EOS StainlessSteel 17-4PH IndustryLineは、高強度、簡単に矯正でき、腐食耐性と酸耐性のある材料であるので、医療器具や整形外科器具の製造に最適である。パーツは、AMプロセス後または熱処理後、直接追加加工、マイクロブラスト、研磨が可能である。
 現行の材料データシートとバッチ・スペシフィック試験証明は、材料基準と利用された試験に関する幅広い情報を含んでいる。これらは国際基準に対応しているか、国際基準がない場合には社内の品質保証手順から抽出されている。EOS StainlessSteel 17-4PH IndustryLine粉末供給の各バッチの品質は、品質保証プロセスによって保証されている。これは、システム、粉末材料、工程でEOSが用いる広範な品質管理システムの一部である。