All about Photonics

Business/Market 詳細

ウエスティングハウス、核融合コンポーネント用3Dプリンティング研究

July, 19, 2016, Pittsburgh--ウエスティングハウス(Westinghouse Electric Company)とその研究パートナーは米国エネルギー省(DOE)に選定され、この先3年で一連のプロジェクト資金として800万ドル受け取る。この研究には、電源内蔵式ワイヤレスセンサやレーザベース3Dプリンティングを含む多くの分野をサポートする。
 ウエスティングハウスは、11の個別プロジェクトに対する資金を受け取る。開発中の1コンセプトは、電源内蔵式ワイヤレスセンサ。これにより、デバイスを原子炉格納容器に金属ケーブルで導入する必要がなくなる。また、ウエスティングハウスは、3Dプリンティング技術で製造した原子炉コンポーネントの商用化を確実にする方法も開発している。DOEの資金を得てウエスティングハウスは、レーザベースの3Dプリンティング技術を開発し、原子炉構造での使用が認定されるような金属パーツを作製する。原子炉コンポーネントの3Dプリンティングにより、非常に複雑なパーツが製造可能になり、工作機械設備なしで品質を改善することができる。
(詳細は、www.westinghousenuclear.com)