All about Photonics

Business/Market 詳細

ファナック、アナリティクスによる製造業の「モノづくり」最適化

April, 19, 2016, 東京--ロボットとファクトリー オートメーションの世界的サプライヤーであるファナックは、シスコシステムズ、Rockwell Automation、Preferred Networksと協業する。
 シスコはITによるデジタル化をけん引する世界的リーダー企業、Rockwell Automationは産業用オートメーションと情報ソリューションを専門とする世界の大手、Preferred Networksは人工知能ソリューションの先進プロバイダ。
 これらの企業は共同で、CNC(コンピュータ数値制御装置)とロボットのみならず周辺デバイスとセンサを接続して製造・生産を最適化するためのアナリティクスを提供するプラットフォーム、FANUC Intelligent Edge Link and Drive(FIELD)systemを開発した。
 FIELD systemは、ファナックのオートメーション システムで使用されるCNC、ロボット、周辺デバイス、センサ向けの高度なアナリティクスを提供するためのプラットフォーム。これにより、マシンの信頼性、品質、柔軟性、スピードの向上を通じて総合設備効率(OEE)と収益率が向上する。また、高度な機械学習機能とディープ ラーニング機能も提供。ファナックは、シスコ、Rockwell Automation、Preferred Networksと協業することで、ネットワークおよびコンピューティング インフラストラクチャ、アプリケーション、ミドルウェア プラットフォームを含む完全なソリューションを提供する。このオープン プラットフォームを利用することで、アプリケーション開発者、センサおよび周辺デバイス メーカー、システム インテグレーターは、設備効率、生産高、品質を向上させるソリューションを構築することができる。

これまでの成功をさらに加速
FIELD systemは、ファナックの現在のZDT(Zero Downtime)コネクテッド ロボット プロジェクトをさらに拡張させる。このプロジェクトにおいて、コネクテッド ロボットの数は、2016年末には6000台から10000台に達するものと見込まれている。ZDTは、シスコのクラウド、IoTデータ収集ソフトウェア、エンドツーエンドのセキュリティ機能から構成される。これら4社が連携し、産業用Ethernetスイッチを利用してロボットをCisco UCS(Unified Computing System)に接続することで自動車メーカー向けのシステムを実装する。システムはすべて、ファナックとシスコのZDTデータ収集ソフトウェア上で実行される。このシステムを導入する自動車業界のユーザーは、製造ダウンタイムの大幅な短縮とさらなるコスト削減を、短期間のうちに実現することができる。

インテリジェントな製造業
FIELD systemは、ユーザーとアプリケーション開発者が高度な機械学習と人工知能を活用することによって、製造業でのさらなる生産性向上と効率化をもたらす。ファナックとPreferred Networksは、バラ積みロボットの高度化、高精度な異常検知、故障予測などのアプリケーションにおいて新しい技術を確立した。FIELD systemは人工知能とエッジコンピューティング技術を組み合わせることで分散型機械学習(Distributed Machine Learning)を可能にする。機械から収集されたデータを、ネットワークのエッジでリアルタイムに処理することにより、機械がお互いに柔軟にかつ賢く協調し今までになかった高度な製造業を実現する。