All about Photonics

ニュース

プログラマブルレーザビームで30%を超えるエネルギー節約

December, 21, 2022, Aachen--

レーザ材料加工に新品質が存在する。液晶変調器で、レーザのビームプロファイルは、高い時間分解能で自由にプログラムできるだけでなく、同一の複製に分けることもできる。この品質をインラインプロセスモニタリングおよびインテリジェン […]

全文を読む

新しいプロセスで微細金属部品を3Dプリンティング

December, 15, 2022, Pasadena--

Caltechのエンジニアは、純粋なマルチコンポーネント金属を3Dプリントする方法を開発した。分解能は、場合によっては、以前に可能だったよりも桁違いに小さい。プロセスは、水生化学と3Dプリンティングを使用しており、Nat […]

全文を読む

生体骨のような新材料 バイオハイエントロピー合金×レーザ金属3Dプリンティングで実現

December, 2, 2022, 大阪--

大阪大学 大学院工学研究科の中野貴由 教授、石本卓也 特任教授、松垣あいら 准教授らの研究グループは、レーザを熱源とする金属3Dプリンティング(AM)を用いて、BioHEAの超高強度化と低弾性率化という本来背反する特性を […]

全文を読む

金属積層造形技術、2031年までに年に750万ドルのコンポーネントを製造

December, 1, 2022, New York--

SmarTech Analysisは、「金属AMパーツ製造2022」を発表した。これは、様々な積層造形(AM)コンポーネントの生産量と結果としての市場価格をレポートしている。 同調査は、主要AM技術が次の10年、多数の産 […]

全文を読む

TRUMPF、グリーンレーザでラージフォーマット銅を初プリント

November, 22, 2022, Ditzingen/Frankfurt--

現在、大型銅コンポーネントが、TRUMPFの3Dプリンタで、ステンレススチールなど一般的な3Dプリンティング材料と同様に簡単に加工できるようになっている。  TRUMPFは、同社の最大3Dプリンタ、TruPrint 50 […]

全文を読む

DLにより、3Dプリント部品のX線 CT検査を高速、正確に

November, 15, 2022, Oak Ridge--

米国エネルギー省オークリッジ国立研究所(ORNL)で開発された新しいディープラーニング(DL)フレームワークは、積層造形(AM)された金属部品をX線CTを使って、結果の正確さを高めながら、検査プロセスを高速化する。 「ス […]

全文を読む

コヒレント、30kWのレーザ切断ヘッドBIMO-FSC3

October, 27, 2022, Saxonburg--

コヒレントは、新シリーズCoherent BIMO-FSC3レーザ切断ヘッドを発表した。自動車、白物家電、エネルギーおよび他の製造分野の最も重要な新しい生産トレンドのいくつかに対処することが目的である。  これらのうちの […]

全文を読む

次世代半導体製造向けの極微細穴あけ加工を実現

October, 25, 2022, 東京--

東京大学、味の素ファインテクノ株式会社、三菱電機株式会社、スペクトロニクス株式会社(スペクトロニクス)は、次世代の半導体製造工程に必要な、パッケージ基板への6µm以下という極微細レーザー穴あけ加工技術を開発した。  現在 […]

全文を読む

TRUMPF、TruLaser 5000シリーズのレーザ出力を24kWに

October, 19, 2022, Hannover/Ditzingen--

今年のEuroBLECHでTRUMPFは、以前に標準だったパワーの2倍の出力のレーザを装備した改良版TruLaser 5000シリーズを発表する。  出力24kWで、新しいレーザ、TruDisk 24001は、板金部品を […]

全文を読む

積層造形(AM)の後加工市場、2031年までに18億ドル

October, 17, 2022, New York--

SmarTech Analysisのレポート「積層造形後加工:市場の現状と展望」は、経営、投資家、ユーザ、製品企画者、マーケティング担当者が、AMワークフローにおけるこの重要な経路の理解を深めることができる生データや分析 […]

全文を読む

Fraunhofer IWS、砂を使わず、光でサンドブラスト

October, 5, 2022, Dresden--

サンドブラスティングは過去のものである。レーザビームが、従来技術よりも正確に、優れた費用対効果、環境フレンドリーな方法で、表面をきれいに、構造化できる。  Fraunhofer材料とビーム技術研究所IWSは、この目的で技 […]

全文を読む

ロボット、ペースメーカーなどのカスタムセンサを3Dプリンティング

October, 4, 2022, Stockholm--

新開発の3Dプリンティング技術を使って、昆虫サイズのカスタマイズ電子「マシーン」をコスト効果よく製造できる。これは、ロボット工学、医療デバイスなど、進んだアプリケーションを可能にする。 そのブレイクスルーは、チップベーズ […]

全文を読む

飛行中に構築と修復作業を行う3Dプリンティングドローン

September, 26, 2022, London--

Imperial College LondonとEmpaの研究者は、蜂からヒントを得た3Dプリンタ群を作製した。飛行中に構造物を構築、修復するためである。 その技術は、究極的には、高いビルなどアクセスが困難な、あるいは危 […]

全文を読む

軍事用3Dプリンティング市場、2031年に75億ドル

September, 13, 2022--

Allied Market Researchのレポート「軍事用3Dプリンティング市場」によると、市場は、2021年に8億8000万ドル、2022-2031年にCAGR 24.8%成長で2031年に75億ドルに達する見込で […]

全文を読む

産業用ハイパワーUSPプロセスで動的ビーム成形する空間光変調器

September, 12, 2022, Aachen--

Fraunhofer ILTは、浜松ホトニクスとともに、超短パルス(USP)レーザ照射による先端レーザ材料加工向けにアプリケーションラボを設立した。  アーヒェンで両パートナーは、産業用加工SLMヘッドを共同開発した。こ […]

全文を読む

金属積層造形市場、2031年までに141億ドルを超える見込

September, 5, 2022, San Francisco--

Allied Market Researchのレポート「金属積層造形(AM)市場」によると、市場規模は、2021年の26億ドルから2022-2031年にCAGR 18.1%イチョウで2031年までに141億ドルを超える見 […]

全文を読む

SmarTech、Q1 2022、積層造形市場30億ドル

August, 18, 2022, New York--

SmarTech Analysisの最新市場データによると、積層造形/3Dプリンティング市場は2022年第1四半期、極めて力強く、前年同期比27%成長だった。アディティブ市場が、インフレーションの悪影響と世界的なサプライ […]

全文を読む

LZH、カスタマイズ歯科インプラント開発

August, 17, 2022, Hannover--

LZHは、DFG (Deutsche Forschungsgemeinschaft)研究グループの一環として、より耐久性が高く、特にぴったりした歯科インプラントに取り組んでいる。 インプラントは、それぞれの身体に個別に適 […]

全文を読む

産業オートメーション市場、2031年に4435億ドル

August, 16, 2022, San Francisco--

Allied Market Researchのレポート「産業オートメーション市場」によると、産業オートメーション市場は、2021年に1963億6000万ドル、2022-2031年にCAGR 8.7%成長で2031年に44 […]

全文を読む

Nuburu、TWND Corp.と統合し、株式を公開

August, 16, 2022, Centennial--

ハイパワー、高輝度産業用ブルーレーザの業界リーダー、NUBURUと特別買収目的会社(SPAC) TWND Corpfは、NUBURUを上場企業にすることで最終合意に達したと発表した。  取引が完了すると統合会社は、NUB […]

全文を読む

3Dプリントの超高強度、延性を備えた高性能ナノ構造合金を開発

August, 9, 2022, Amherst--

マサチューセッツ州立大学アーマスト(UMass)とジョージア工科大学(Georgia Tech)の研究グループは、デュアルフェーズ、ナノ構造ハイエントロピー合金を3Dプリントした。これは、他の最先端AM製造材料の強度と延 […]

全文を読む

複雑な光コンポーネント向けにレーザで作製された3Dマイクロ構造

August, 5, 2022, Aachen--

2つの研究機関、Fraunhofer-GesellschaftとMax-Planck-Gesellschaftは2022年3月1日に協働プロジェクト“LAR3S”を立ちあげた。このプロジェクトでは、研究グループは、レーザ […]

全文を読む

軍用4Dプリンティング市場、2040年に6億7340万ドル

August, 2, 2022, Portland--

Allied Market Researchのレポート「軍用4Dプリンティング市場」によると、市場は、2030年に1611万ドル、2030-2040根にCAGR 45.2%成長で、2040年には6億7340万ドルに達する […]

全文を読む

3Dプリンティング、リチウムイオン電池の高速充電、高エネルギー密度

July, 26, 2022, Livermore--

次世代リチウムイオンバッテリは、より低コストで高エネルギー、高いパワー密度を必要とする。泥漿(slurry)鋳型&コーティングをベースにした現在のバッテリ製造は、これらの主要指標のさらなる改善で苦労している。 […]

全文を読む

自動車3Dプリンティング市場、2027年に79億ドル

July, 26, 2022, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「自動車3Dプリンティング市場、車輌タイプ(ICE&電気自動車)、提供品(ハードウエア&ソフトウエア)、コンポーネント、 […]

全文を読む

UKのレーザ兵器、Dragnofire、トライアル成功

July, 21, 2022, Le Plessis-Robinson--

MBDA主導UKのレーザ指向性エネルギープログラム(LDEW)、Dragonfireは、新しいレーザ兵器の精度とパワーを証明する一連のトライアルを首尾良く開始した。 Dragonfireコンソーシアムによるこれらのトライ […]

全文を読む

集積フォトニクスの直接レーザ溶接によりファイバとチップ接続

July, 21, 2022, Berlin--

光ファイバとPICsのアセンブリ、接続戦略は、通常は接着剤で実現される。しかし、この接続技術は、長期的には光学的劣化、高い光伝送損失となり得る。これは、医療技術やライフサイエンスなどの重要アプリケーションでは致命的である […]

全文を読む

McGill大学、ローパワー可視光利用の優しくて正確なレーザ切断技術

July, 11, 2022, Montreal--

レーザ切断技術は、通常高エネルギービームを用いる。したがって、ほとんどの材料を溶かすほどに熱い。今回、McGill大学の研究者は、ローパワー可視光を使い、より優しくて高精度の技術を開発した。 新しいプロセスは、‘cold […]

全文を読む

アップサイクルプラスチックで活気づくクローズドループAM

June, 30, 2022, Oak Ridge--

米国エネルギー省オークリッジ国立研究所(ORNL)の研究者は、捨てられたプラスチックを3Dプリンティングで再利用し、価値を付加するアップサイクリングアプローチを開発した。直ぐに適用でき、スケーラブルな方法は、世界的にプラ […]

全文を読む

レーザ方式の粉末3Dプリンタでニッケル単結晶の造形に成功

June, 27, 2022, 大阪--

国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)と国立大学法人大阪大学大学院工学研究科は、照射面強度分布が均一でビーム半径が大きい(フラットトップ)レーザを、ニッケル粉末に照射することにより、欠陥が少なく、結晶の方向がそろ […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。