All about Photonics

ニュース

モードコントロールでLP01かLP11を選択し1.4kWファイバレーザ実現

April, 2, 2021, Shanghai--

上海技術物理研究所(SIOM)と中国科学アカデミ(CAS)は、ハイパワー横モード制御レーザシステムを研究することで、モード制御によりLP01かLP11を選択する1.4 kWレベルファイバレーザシステムを実現した。研究成果 […]

全文を読む

Laserline、著しく進歩した青色半導体レーザビーム品質

March, 23, 2021, Mülheim-Kärlich--

レーザーライン社(Laserline)は、高出力青色半導体レーザセグメントにおける同社のポートフォリオを最適化した。そうすることで、同社は集光特性で重要な進歩を達成している。これは、800Wまでの出力の青色半導体レーザが […]

全文を読む

レーザベースセンサ技術、金属のリサイクル

March, 19, 2021, Aachen--

フラウンホーファーILTとCronimet Ferroleg. GmbHは、産業による原材料利用を促進するために、BMBF-funded “PLUS”プロジェクトの一環として金属スクラップのレーザベース分類プロセスを共同 […]

全文を読む

新しいダイクロイックレーザミラーデザインを提案

March, 18, 2021, Shanghai--

上海技術物理研究所(SIOM)と中国科学アカデミ(CAS)は、理想的なダイクロイックレーザミラーの厳しい要件を満たすために、混合層と斬新なサンドイッチ構造境界面の新しい設計を用いることを提案した。研究成果は、Photon […]

全文を読む

NIST、3Dプリンティング用にポリマ硬化定量化にナノシリンダ振動

March, 12, 2021, Gaithersburg--

個人化義肢や歯科材料など、より正確で均一な3Dプリントパーツ作製に向けた進歩で、NISTは、液体材料の微小領域が光に触れたときに硬化して固体プラスチックになるスピードを計測する方法を実証した。 ナノメートルスケール、円筒 […]

全文を読む

金属ナノ粒子で光触媒のモチベーションを上げることに成功

March, 12, 2021, 京都--

京都大学、Shuying WANG 工学研究科博士課程学生、寺村謙太郎 同准教授、田中庸裕 同教授、堂免一成 信州大学特別特任教授・東京大学特別教授、久富隆史 信州大学准教授の研究グループは、光触媒の活性サイトをうまく分 […]

全文を読む

II-VI、材料加工ファイバレーザ用に1060nm シードレーザミニ製品化

February, 22, 2021, Saxonburg--

II‐VI Incorporatedは、材料加工パルスファイバレーザ用に3-pinミニパッケージ1060nmシードレーザを発表した。 産業レーザ市場で激化する競争が、次世代レーザシステムを差別化する、よりコンパクトで低コ […]

全文を読む

LPKF、レーザプラスチック溶接向け初の校正済み認定透過計測器

February, 19, 2021, Garbsen--

LPKF TMG 3透過計測デバイスを用いたレーザプラスチック溶接向け材料品質評価。 レーザプラスチック溶接では、プラスチックの光透過が、2つのコンポーネント間の結合品質を決定する。溶接前の材料特性検査は、品質保証全体と […]

全文を読む

歯科3Dブリンティング市場、2025年に65億ドル

February, 10, 2021, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「歯科3Dプリンティング市場、製品(材料(プラスチック、金属)、装置(3Dプリンタ、3Dスキャナ)、サービス)、技術(ステレオリソグラフィ、 […]

全文を読む

ORNL、X線CT欠陥検出アルゴリズム改善

February, 1, 2021, Cambridge--

Oak Ridge National Laboratory(ORNL)が開発したアルゴリズムは、X線CT (XCT)、3Dプリント金属パーツの画像を著しく改善することができ、より正確な高速スキャンを可能にする。 産業用X […]

全文を読む

EPFL、産業用ロボットをよりスマートに多用途にするプログラム

January, 29, 2021, Lausanne--

EPFLのスピンオフAicaは、産業用ロボットを簡単にプログラムし、適応能力を一層高めるAIベースソフトウエアを開発した。ソフトウエアは、モジュラーフォーマットで設計されている。オペレータが、ニーズを元にしてカスタマイズ […]

全文を読む

大阪大学、世界記録を10倍更新、高出力レーザ光生成が可能に

January, 26, 2021, 大阪--

大阪大学レーザ科学研究所の李朝陽(Zhaoyang Li)助教、加藤義章招へい教授、河仲準二教授の研究グループは、超高強度レーザを発生させる新しい技術を提案した。 この技術では、従来の超高強度レーザのボトルネックを打破す […]

全文を読む

細密ガラス物体の3Dプリントにレーザベースプロセスを開発

January, 22, 2021, Marseille--

マルセイユ、エコールセントラル、フレネル研究所の研究チームリーダー、Laurent Gallaisは、「ほとんどの3Dプリンティングプロセスは、物体をレイヤ毎に構築していく。われわれのプロセスは、このようなプロセスの限界 […]

全文を読む

NUBURU、新規特許でブルーレーザIPポートフォリオ強化

January, 13, 2021, Centennial--

高出力ブルーレーザ技術のリーダー、NUBURUは、新規特許が認められたと発表した。これは、可視光レーザ技術および、3Dプリンティングや材料加工での同社のアプリケーションにおいて同社の優勢な知的所有権(IP)ポートフォリオ […]

全文を読む

1 / 11

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。