All about Photonics

Science/Research

光音響顕微鏡システム、SNRと時空解像度改善

December, 23, 2019, Pohang--

POSTECH (浦項工科大学校)の研究チームは、特注スキャニングミラーを持つ高速光音響顕微鏡システムをNatureに発表した。この新開発の顕微鏡は、特注スキャニングミラーをもつ安定した商用ガルバノメータスキャナを使い、 […]

全文を読む

原子、分子、生細胞を操作する画期的な光ピンセット

December, 19, 2019, Wien--

原子、分子、生細胞でさえ光ビームで操作できる。TU Wienで、そのような「光ピンセット」を変革するために、ある方法が開発された。 TU Wienによると、それらは、Star Trekの「トラクタビーム」を想起させるもの […]

全文を読む

ゴーストイメージング、超解像度顕微鏡を高速化

December, 19, 2019, Washington--

中国科学アカデミーの研究チームは、前例のないスピードで超高解像度を達成するために先進的イメージングアプローチを採用した。新しい方法により、生細胞で起こるプロセスの詳細を以前には不可能だったスピードで捉えることができるよう […]

全文を読む

ウルトラミニ微小内視鏡、高品質画像生成

December, 18, 2019, Boltimore--

Johns Hopkins大学のエンジニアは、新しいレンズフリー、ウルトラミニ内視鏡を開発した。幅は、人の髪の毛わずか数本であり、高品質画像を生成する。  研究成果は、Science Advancesに発表された。 「通 […]

全文を読む

目視ではわからない顕微鏡動画を解析し分子集団挙動の可視化に成功

December, 18, 2019, 東京--

東京農工大学大学院工学研究院先端機械システム部門の花崎逸雄准教授、埼玉大学の吉川洋史教授、奈良先端科学技術大学院大学の杉山輝樹客員教授らは、溶液中で分子が結晶化する過程について、レーザを照射して生じる力で核生成の場所を操 […]

全文を読む

臓器内の全細胞を調べる革新技術
-高速イメージングと高速解析

December, 16, 2019, 大阪--

理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター合成生物学研究チームの上田泰己チームリーダー、松本桂彦研究員、三谷智樹研究生(大阪大学医学部附属病院医員)、堀口修平研修生らの共同研究グループは、組織透明化技術「CUBIC」に […]

全文を読む

EPFL、次世代ソフト張力インプラントを開発

December, 16, 2019, Lausanne--

マサチューセッツ眼・耳(Massachusetts Eye and Ear)、ハーバード医科大学(Harvard Medical School)の医者と共同でEPFLの研究チームは、機能不全内耳の患者が再び聴力を取り戻す […]

全文を読む

VTT、セルロースの光ファイバを開発

December, 12, 2019, Dresden--

VTT研究チームは、木材ベースのファイバで光伝送を可能にした。セルロースでできた光ファイバは、材料の生分解性の恩恵を受けるセンサに適している。将来、光セルロースファイバは、建物の水分レベルの変化検出に利用できる可能性があ […]

全文を読む

超音波で3Dバイオプリント組織に生きた細胞を整列

December, 4, 2019, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学(North Carolina State University)の研究チームは、バイオ製造プロセス中に生きた細胞を整列するために超音波を使い培養組織の特性を改善する技術を開発した。  「われわれ […]

全文を読む

高速の100nm間隔全可視域光分子スイッチ

November, 29, 2019, Amsterdam--

医療イメージングセンター(グロニンゲン医科大学)他の研究者コンソーシアムは、全く新しい分子フォトスイッチを開発した。これは、これまで達成不可能と考えられていた多くの「至高の目標」要求を満たすものである。研究成果は、Nat […]

全文を読む

スカフォールドなしで組織と臓器を3Dプリント

November, 28, 2019, Centennial--

シカゴ、イリノイ大学(UIC)の研究者によると、培養組織や器官は、成功の度合いは様々だが、何年も前から研究室で作られている。その多くはスカフォールドアプローチを利用していた。細胞が生物分解性支持構造上に形成され、その構造 […]

全文を読む

安全な幹細胞治療にラマン散乱を使うバイオセンサ

November, 26, 2019, New Brunswick--

ラトガース大学をリーダーとする研究チームは、アルツハイマ病、パーキンソン病、他の神経疾患の処置向けの安全な幹細胞治療につながるバイオセンサ技術を開発した。  Nano Lettersに発表された研究によると、独自のグラフ […]

全文を読む

OCTを眼科以外で使えるローコスト、ポータブルシステム

November, 25, 2019, Washington--

デューク大学の研究チームは、関節など到達が難しい身体領域でOCTを利用する方法を開発した。その進歩により、この高解像度生体医療イメージング技術は新たな手術、医療応用で役立つようになる。  OCTは、マイクロメートルサイズ […]

全文を読む

人工皮膚、リハビリテーションに役立ちVRを増強する

November, 14, 2019, Lasanne--

EPFLの研究者は、触覚フィードバックをもつソフトな人工皮膚を開発した。これは、高度な自己センシングメカニズムにより、装着者の動きに即時適応する能力も持つ。その新技術のアプリケーションは、医療リハビリテーションから拡張現 […]

全文を読む

微小な温度計でミトコンドリアによる細胞の加熱を計測

November, 12, 2019, Champaign--

細胞内の温度を素早く計測できる新しい温度計プローブで武装してイリノイ大学(University of Illinois)研究チームは、代謝の神秘的な側面、熱生成を明らかにした。  ミトコンドリアは、細胞の発電所であるが、 […]

全文を読む

近赤外光(NIR)は老化した脳を強化できるか

November, 11, 2019, Tucson--

国立老化研究所(National Institute on Aging)からの助成金により、アリゾナ大学研究者は、脳機能を強化し、認知低下と闘うために近赤外光を使う新たな介入をテストする。  アリゾナ大学とフロリダ大学の […]

全文を読む

TU Wien、3Dプリンターで生細胞プリント

November, 11, 2019, Wien--

ウィーン工科大が(TU Wien)で開発された新しいプロセスで、3Dプリンターで作製した微細構造に、高速に、高分解能で生細胞を組み込み可能である。  組織の成長、細胞の挙動は、繊細な3Dフレームワークに細胞を埋め込むこと […]

全文を読む

TU Wien、高速イメージングAFM

November, 7, 2019, Wien--

ウイーン工科大学(TU Wien)の研究者は、原子間力顕微鏡(AFM)用に新しいタイプのセンシング素子を開発した。これにより測定速度向上し、生細胞で敏感なプロセスさえ撮像できる。  微小な物体の高精細画像は、今日一般的で […]

全文を読む

ヘリオットワット、皮下に届く最先端レーザ技術

November, 7, 2019, Edinburgh--

かつてないほど死に至る可能性がある病気の分析ができる極めて特殊なレーザが、ヘリオットワット大学(Heriot-Watt University)で開発されている。  Deep Tissueプロジェクトは、皮膚、骨、植物も含 […]

全文を読む

手術結果改善に役立つ3D仮想現実モデル

October, 31, 2019, Los Angels--

UCLAの研究によると、腎臓腫瘍手術の準備に3D仮想現実(VR)モデルを利用することで手術結果が大きく改善されたことが確認されている。手術中の血液の損失が少なく、術後の入院も短縮された。  3Dモデルに関する以前の研究は […]

全文を読む

二段階拡張とVR技術で微小マイクローブを拡大

October, 31, 2019, Moscow--

カーネギーメロン大学とBenaroya Research Instituteの研究チームは、ナノスケールイメージンク技術と拡張現実(VR)を組合せ、研究者が生物学的データに「踏み込む」ことができる方法を実現しようとしてい […]

全文を読む

皮下の血管の様子を非接触・リアルタイムで鮮明に可視化

October, 30, 2019, 奈良--

奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科 情報科学領域 光メディアインタフェース研究室の久保尋之助教、岩口尭史博士後期課程学生(現:九州大学助教)、舩冨卓哉准教授、向川康博教授らと、米国・カーネギーメロン大学のSri […]

全文を読む

記録的な速さの中性子断層写真、植物への水経路を追跡

October, 29, 2019, Washington--

ポツダム大学の研究チームは、初めて、1秒程度で中性子断層写真画像を撮った、これは以前の報告よりも一ケタ程度高速である。最近まで、この非侵襲的な技術の利用では、長い画像取得時間が主な障害だった。この技術を利用すると、植物の […]

全文を読む

ETH-Zurich、AIでバイオメディカルイメージング改善

October, 23, 2019, Zurich--

ETH研究チームは人工知能(AI)を使い、比較的新しいバイオメディカルイメージング法によって記録された画像品質を改善する。これは、より正確な診断とコスト効果の優れたデバイスへの道を開く。  ETH-Zurichとチューリ […]

全文を読む

QUT、眼の検査にAIを利用しプログラムをトレーニング

October, 23, 2019, Brisbane--

クイーンズランド工科大学(QUT)研究者はAIディープラーニング技術を適用して、眼の奥の画像分析のより正確で詳細な方法を開発した。これは臨床医が、緑内障、加齢黄斑変性などの眼病の検出と追跡の改善に役立てるためである。   […]

全文を読む

光合成を駆動しない遠赤色光が光合成を促進する

October, 21, 2019, 東京--

東京大学大学院理学系研究科の河野優特任助教らは、アブラナ科のモデル植物シロイヌナズナの葉に、野外変動光を模した光合成駆動光に加えて遠赤色光を照射したときの光合成応答を解析した。その結果、遠赤色光の補光によって光合成速度が […]

全文を読む

生きた組織内で機能する微小な生体適合ナノレーザ

October, 15, 2019, Evanston--

ノースウエスタン大学(Northwestern University)の研究者は、生きた組織内で組織に損傷を与えることなく使えるナノレーザを開発した。  わずか50~150nmのレーザは、このサイズで生きた組織内に収まり […]

全文を読む

ドライアイの診断と治療改善に光イメージャ

October, 11, 2019, Latham--

イスラエルの研究チームが、ドライアイの診断と処置改善に有望な新しい非侵襲光学イメージングシステムを開発した。ドライアイは、炎症やかすみ目の原因となることが多く、これは眼の外側を保護する涙液膜の内層の不安定性があると起こる […]

全文を読む

近赤外光で脳神経細胞の遺伝子を操作するアップコンバージョン分子技術開発

October, 7, 2019, 福岡--

九州大学大学院工学研究院(佐々木陽一大学院生、楊井伸浩准教授、君塚信夫教授)と東京医科歯科大学統合研究機構(押川未央共同研究員、味岡逸樹准教授)の研究グループは、東京大学の佐藤守俊教授、群馬大学の林(高木)朗子教授らとの […]

全文を読む

低線量イメージングへのMLアプローチで優れた成果

September, 30, 2019, Troy, N.Y.--

マシンラーニングは、放射線被曝を減らし、画像品質を高めることで、医療イメージング、特にCTスキャニングを大きく進歩させる可能性がある。  研究成果は、Rensselaer Polytechnic Instituteのエン […]

全文を読む

1 / 41234

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。