All about Photonics

Science/Research

KAIST、フレキシブル薬剤デリバリマイクロデバイスを開発

August, 21, 2018, Seoul--

KAIST研究チームは、個別化医療向けに薬剤を制御放出するフレキシブルな薬剤デリバリデバイスを開発した。これは治療診断への方向を示すものである。  新たな医療技術、治療診断は、診断と治療の同時実施を特徴とする精密医学を推 […]

全文を読む

生きた細胞内部の働きをマッピング

August, 17, 2018, New York--

X線やMRIなどのイメージングツールは医学を変えた。医師が、生きて呼吸している人々の脳や他の重要臓器をクローズアップできるようになったからである。コロンビア大学(Columbia University)の研究チームは、個 […]

全文を読む

光デバイスが潰瘍治療に効果

August, 16, 2018, Manchester--

マンチェスター大学(University of Mancheste)とサルフォード・ロイヤル NHS ファウンデーション・トラスト(Salford Royal NHS Foundation Trust)の研究チームは、慢 […]

全文を読む

3Dプリントインプラント、「本物の骨」の成長に寄与

August, 14, 2018, NY--

化学的にコーティングされたセラミックインプラントは、「着実に溶かし」ながら、実験室動物の失われた骨の再生ガイドに成功した。  NYUメディカルセンターとNYU大学歯科の医師と研究者は、新しい骨が徐々にデバイスに取って代わ […]

全文を読む

多用途超音波システムで医療イメージング法を変革

August, 10, 2018, Washington--

超音波は最も一般的な医療イメージングツールの1つであるが、従来の電子超音波デバイスは、大きくなる傾向があり、他のイメージング技術と同時に使うことができない。新しい超音波システムは、エレクトロニクスコンポーネントの代わりに […]

全文を読む

スタンフォードチーム、心臓外科に3Dプリンティング利用

August, 10, 2018, Stanford--

スタンフォード医学生、Kevin Cyrは、3Dプリンティングを使ってカスタム心臓外科機器を造る研究チームの一員である。  2年生のKevin Cyrは、3Dプリントされたツールを使い心臓マッピングカテーテル、医師が心臓 […]

全文を読む

ナノ-オプティック内視鏡、高解像度で組織深部をイメージング

August, 9, 2018, Calabasas--

内臓器官の病気診断は、病変部位から集めた生検サンプルに依存することが多い。しかし、そのようなサンプルは間違いを起こしやすい。現在の内視鏡イメージング技術は、病変部位を正確に可視化できないからである。到達が難しい身体の領域 […]

全文を読む

マルチフォトン顕微法で骨転移したガンをイメージング

August, 3, 2018, Calabasas--

テキサス州立大学MDアンダーソンガンセンター(The University of Texas MD Anderson Cancer Center)の研究チームは、マウスの骨まで広がるガンの顕微モニタリングとイメージングが […]

全文を読む

マイクロからマクロへの蛍光イメージング技術

August, 2, 2018, Washington--

ドイツのBecker & Hickl, GmbHの研究チームは、細胞レベルで生物学的プロセスの研究に使用される強力な蛍光イメージング技術の機能を改善した。  以前には、わずか数ミリメートルの範囲のサンプルに限ら […]

全文を読む

KAIST、副作用が少ないガン治療に強化版PDT

August, 2, 2018, Seoul--

KAISTの研究チームは、近赤外(NIR)蛍光色素分子ベース光線力学治療法(PDT)を開発した。これは、既存のPDTの欠点を改善するものである。  PDTは、薬剤治療に代えてレーザで傷を治療する方法。レーザが標的部分を照 […]

全文を読む

RUB研究者、創薬の新方法に赤外センサ利用

July, 31, 2018, Bochum--

Ruhr-Universität Bochum (RUB)の生物物理学者は、赤外センサを使い、どの活性薬剤がタンパク質の構造に作用を及ぼすか、また、その効果の持続時間を迅速かつ容易に分析することに成功した。Dr Klau […]

全文を読む

生命活動の燃料「ATP」を観察する3色の蛍光センサの開発に成功

July, 26, 2018, 東京--

早稲田大学 理工学術院の新井敏研究院講師と東京工業大学 科学技術創成研究院の北口哲也准教授(論文投稿当時、早稲田大学 重点領域研究機構研究院 准教授)らの研究チームは、東京大学大学院総合文化研究科、シンガポール国立大学、 […]

全文を読む

貼れる無線給電式発光デバイスを用いた光がん治療システム

July, 24, 2018, 東京--

早稲田大学 高等研究所の藤枝俊宣准教授、先進理工学研究科の山岸健人博士、理工学術院の武岡真司教授は、防衛医科大学校 生理学講座の守本祐司教授らの研究グループと共同で、生体組織表面にシールのように貼り付けられる体内埋め込み […]

全文を読む

3Dプリンティング技術による人工歯(入れ歯)の実用化

July, 20, 2018, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)健康工学研究部門生体材料研究グループ 岡崎 義光 上級主任研究員は、株式会社アイディエス(アイディエス)と共同で、3Dプリンティング用コバルトクロム合金粉末の薬事承認を取得し、患者に最適な人工 […]

全文を読む

ソーラパネルイノベーション、同時に植物成長とエネルギー生成に寄与

July, 19, 2018, 合肥市--

中国科学技術大学(USTC)先端技術研究所、Jan Ingenhoff研究教授は、耕地が限られている国々では、太陽パネル導入は現実的なソリューションではない、と言う。  この問題を解決するために、USTC同教授の研究チー […]

全文を読む

プラズモンパッチで医療診断テストの明るさ増強

July, 13, 2018, Washington--

蛍光ベースバイオセンシングやバイオイメージング技術は、関心のあるさまざまな生物種を検出し撮像するために研究と臨床設定で広く用いられている。蛍光ベースの検 出およびイメージング技術は利用しやすいが、感度がよくない。例えば、 […]

全文を読む

長時間蛍光イメージングを可能にする近赤外蛍光標識剤を開発

July, 10, 2018, 名古屋--

名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)の山口茂弘教授、多喜正泰特任准教授、ガージボウスキー・マレク(Grzybowski Marek)研究員らの研究チームは、理化学研究所 生命機能科学研究センター( […]

全文を読む

Prellis Biologics、毛細血管を持つヒト組織を3Dプリンティング

July, 3, 2018, San Francisco--

サンフランシスコの3D組織プリンティング会社、Prellis Biologicsは、生存可能な毛細血管を持つヒト組織のプリントで記録的な速度と分解能を達成し、移植用臓器プリンティング目標を現実に近づけたと発表した。  「 […]

全文を読む

毛細血管もとらえる小型眼底カメラシステムを開発

July, 3, 2018, 奈良--

奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科 物質創成科学領域の太田淳教授らの研究グループと東京大学大学院 情報理工学系研究科 石川正俊教授らの研究グループは共同で、画像処理装置の高速ビジョンと近赤外光を用いることにより […]

全文を読む

新しい組織イメージング技術、ガンの進行をリアルタイム診断

June, 29, 2018, Champaign--

イリノイ大学の研究チームが開発した新しい顕微鏡システムは、化学薬品、染料なしで生きた組織をリアルタイム、分子精度で撮像できる。  同システムは、精密調整光パルスを使用して、複数の波長で同時撮像する。これにより、研究者は細 […]

全文を読む

光による植物遺伝子の新たな発現制御機構を解明

June, 25, 2018, 和光--

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター合成ゲノミクス研究グループの栗原志夫研究員、蒔田由布子研究員、松井南グループディレクターと、開拓研究本部岩崎RNAシステム生化学研究室の藤田智也大学院生リサーチ・アソシエイト、 […]

全文を読む

欧州研究チーム、フォトニック超音波ベースバクテリア検出技術を開発

June, 20, 2018, Engomi--

ヨーロッパの研究チームは、フォトニック-超音波ベースのディテクタを開発している。これは,致死性の細菌をかつてなく迅速に診断することで、間もなくWHOが実施する厳しい飲料水新規制を受けて、水道会社を閉鎖から救うことになる。 […]

全文を読む

乳ガン検出でマンモグラムに代わるレーザ-ソニックスキャナ

June, 20, 2018, Pasadena--

40過ぎの女性にとってマンモグラフィは、年に1、2回必要だが、苦痛を感じる処置である。その技術は、乳ガン死を減らすために有益ではあるが,理想的ではない。患者をX線照射にさらし、苦痛を感じるほどに乳房をプレートの間に圧縮す […]

全文を読む

Optovue、世界初の光コヒーレンストモグラフィ血管造影法のFDA認可

June, 19, 2018, Fremont--

Optovueは、世界初の光コヒーレンストモグラフィ血管造影法(OCTA)血管計測技術AngioAnalyticsのFDA 510(k)認可を発表した。同技術は、臨床医による進行性視覚喪失を起こす病気の管理に役立つ。同社 […]

全文を読む

超高速カメラで目標の化学療法を支援

June, 12, 2018, Harwell--

ローザリンドフランクリン研究所(RFI)は、世界最先端のリアルタイム高速ビデオカメラを構築するプロジェクトを発表した。これは、最も致死性の高いガンの処置に光と音を使う新技術理解の決め手になる。  ビジネスセクレタリ、Gr […]

全文を読む

生体分子を使い超解像度顕微鏡を実現

June, 11, 2018, Dresden--

DresdenとWürzburgの研究チームは、光学顕微鏡向けに新たな方法を開発した。生物モーターとシングル量子ドットを使い、超高解像度を達成した。  従来の光学顕微鏡の解像度は、回折という基本的物理原理によって波長の約 […]

全文を読む

世界初、4.4MeVガンマ線の高精度イメージングに成功

June, 6, 2018, 東京--

早稲田大学理工学術院の片岡淳教授らの研究チームは、量子科学技術研究開発機構と共同で、1-10メガ電子ボルト (MeV) のガンマ線を可視化できる、コンパクトなカメラを開発した。さらに、陽子線治療中に生ずる4.4MeVの即 […]

全文を読む

視覚を補正する非侵襲的技術を開発

June, 5, 2018, New York--

近眼は世界中で増加している問題である。50年前と比べて米国やヨーロッパでは、近眼の人々は2倍になっている。東アジアでは、70~90%のティーンエイジャ、若者が近眼である。ある推定では、2020年までに近眼になる人は世界中 […]

全文を読む

コメットモスのシルクファイバを真似て「エアコン」繊維を作製

June, 4, 2018, Ann Arbor--

マダガスカルコメットモスのコクーンファイバの光学特性研究で、コロンビア大学工学部(Columbia Engineering)チームは、太陽光を反射し、光信号と画像を伝送するファイバの類例のない能力を発見した。また、天然フ […]

全文を読む

ルール大学、迅速ガン診断にラベルフリー法を導入

June, 1, 2018, Bochom--

ルール大学ボーフム(Ruhr-Universität Bochum)の研究チームは、量子カスケードレーザ(QCL)を搭載した新しい赤外顕微鏡を開発した。目的は、結腸直腸ガン診断の通常臨床診断中に取得した組織サンプルを分析 […]

全文を読む

1 / 41234

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。