All about Photonics

Products/Applications

Evena Medical、初の臨床医向けスマートグラスを発表

November, 27, 2015, Roseville--

Evena Medicalは、Eyes-On Glasses 3.0を発表し、臨床現場で装着可能な初の深部組織血管イメージング用超音波システムを臨床医に提供する。  マルチスペクトラル光イメージングと無線接続を組み込んだ […]

全文を読む

VivoSight OCTスキャナの利用で基底細胞ガンの初期診断改善

October, 23, 2015, Maidstone--

マルチビームOCT技術にフォーカスしているマイケルソンダイアグノスティクス(Michelson Diagnostics)は、同社のVivoSight OCTスキャナの利用が初期段階の基底細胞ガン(BCC)の診断を大幅に改 […]

全文を読む

アドバンテスト、光超音波顕微鏡 Hadatomoを開発

October, 2, 2015, 東京--

アドバンテストは、生体皮膚下3 mmの血管を非侵襲で画像化できる光超音波顕微鏡を開発した。  再生医療をはじめとした皮膚の研究において、その評価手法は生体組織検査(生検)が一般的であるが、生検では経時変化の確認が難しく、 […]

全文を読む

ZEISS、初のOCT血管造影法技術FDA認可

September, 7, 2015, Jena--

ツァイス(ZEISS Medical Technology)は、AngioPlex OCT血管造影法は、米国食品薬品局(FDA)の510(k)認可を得た初めての技術であると発表した。  ZEISSのCIRRUS HD-O […]

全文を読む

脳内のガンや脊髄腫瘍の確認にCellvizioを利用

September, 1, 2015, Paris--

複合共焦点レーザ内視鏡(CLE)プラットフォーム、Cellvizioを開発したMauna Kea Technologiesは、Cellvizioが従来の外科生検利用と同じ結果で、病状のリアルタイム組織学的診断ができること […]

全文を読む

フジクラ、内視鏡向け高解像度イメージファイバの開発

July, 7, 2015, 東京--

フジクラは、内視鏡用途として従来よりも解像度を向上させたイメージファイバを開発した。  近年、医療の低侵襲化(手術・検査による患者への負担を出来るだけ軽減すること)が求められており、内視鏡を用いた手術・検査の実施件数が増 […]

全文を読む

皮膚ガンスクリーニングにスマートフォンを利用

June, 25, 2015, Vancouver--

バンクーバで開催された世界皮膚科会議で、皮膚ガンモニタ用のスマートフォンアプリケーションが紹介された。 Digital Health Hubディレクタ、Maryam Sadeghiが、サイモンフレーザ大学(Simon F […]

全文を読む

スマートフォンをバイオセンシングに利用

June, 3, 2015, Sydney--

オーストラリアの研究チームは、スマートフォンが経済的なポータブル生物学的分析機器に使用できることを示した。  ナノスケールバイオフォトニクスセンタ(CNBP)、オーストラリア研究カウンスル(ARC)研究拠点の研究チームは […]

全文を読む

Anitoa Systems、超微光CMOSバイオ光センサ利用しコンパクトqPCR

May, 26, 2015, Palo Alto--

Anitoa Systemsは、中国の浙江大学と提携し、Anitoaの超微光CMOSバイオ光センサを用いたハンドヘルド定量的ポリメラーゼ連鎖反応システム(qPCR)のデモンストレーションに成功した。  同社のハンドヘルド […]

全文を読む

スマートフォンビデオ顕微鏡で血中の寄生虫を自動検出

May, 21, 2015, Berkeley--

UCバークリの研究チームは、ビデオを使って一滴の血液で、寄生虫による感染を自動的に検出し、定量化する新しいスマートフォン顕微鏡を開発した。  UCバークリ(UC Berkeley)のCellScope次世代技術は、フィー […]

全文を読む

可視光・近赤外光用光ファイバカプラを追加リリース

May, 19, 2015, 東京--

フジクラは、これまで情報通信分野向けに提供してきた光ファイバカプラに、新たに工業用・医療用などに用いられる可視光~近赤外光の波長帯域のラインナップを追加した。  医療分野におけるOCT眼底診断、工業分野における計測など、 […]

全文を読む

マイクロ秒ラマンイメージングで病気の細胞や臓器をプローブ

April, 27, 2015, West Lafayette--

生体細胞クラウドの画像を撮ることができる振動分光イメージング技術は、ガンや他の病気を早期に発見するための先端医療診断ツールの代表である。 高速分光イメージングによって、生素早く変化する体細胞内の代謝過程を観察し、組織の広 […]

全文を読む

Cynosure、PicoSure用新532nmレーザデリバリシステムFDA認可

March, 13, 2015, Westford--

Cynosureは、同社のPicoSure用532nm レーザデリバリシステムのFDA 510(k)認可を発表した。これにより、全ての色のタトゥー除去処置回数を減らす、強力なデュアル波長のレーザシステムが実現される。   […]

全文を読む

ロービジョンケアを目指した網膜走査型レーザアイウェアプロトタイプ開発

March, 3, 2015, 川崎--

QDレーザと東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構は共同で、ロービジョン(low vision:視覚障害者)ケアに向けて、網膜走査型レーザアイウェアプロトタイプを開発した。今後、国内大学病院教育機関と連携して性能検 […]

全文を読む

1 / 11

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。