All about Photonics

Science/Research

細胞内代謝を「フィンガープリンティング」し肥満、糖尿病研究

September, 11, 2014, West Lafayette--

パーデュ大学(Purdue University)の研究チームは、生きた細胞の脂質代謝をマッピングするための新しいイメージングプラットフォームの使い方を示し、特にコレステロールが蓄積されている場所を見つけ出し、肥満、糖尿 […]

全文を読む

微小ナノ粒子を検出する新しいセンサを開発

September, 9, 2014, St.Louis--

ワシントン大学セントルイスの研究チームと中国の精華大学の研究者は、10nmサイズのナノ粒子を一度に1個検出してカウントできる新しいセンサを開発した。研究チームによると、このセンサはこれよりも遙かに小さな粒子、ウイルス、微 […]

全文を読む

ドップラOCTでコカインの影響を受けた脳を測定

September, 9, 2014, Washington--

ストーニーブルック大学と国立衛生研究所の研究チームは、レーザベースの計測法を使う技術で、コカインがマウスの脳の血流をどのように妨げるかを示した。同大学生体医学工学教授、Yingtian Pan氏によると、結果として得られ […]

全文を読む

理研、光で記憶を書き換えることに成功

September, 1, 2014, 和光--

理化学研究所(理研)は、マウスの海馬の特定の神経細胞群を光で操作して「嫌な出来事の記憶」を「楽しい出来事の記憶」にスイッチさせることに成功し、その脳内での神経メカニズムを解明した。この発見は、うつ病患者の心理療法に科学的 […]

全文を読む

視力矯正ディスプレイにより老眼鏡が過去のものに

August, 28, 2014, Berkeley--

UCバークリーの研究チームは、個人の視覚障害を補償するコンピュータアルゴリズムを開発している。これにより、メガネ無しで文字や画像をはっきりと見ることができる視力矯正ディスプレイが実現可能になる。 この技術は、スマートフォ […]

全文を読む

ナノプラズモニックと光共振器の強調でレーザ光

August, 28, 2014, Urbana--

ナノプラズモニックと光マイクロ共振器を組み合わせることでイリノイ大アーバナ・シャンペーン校Urbana-Champaign)の研究チームは、新しい光増幅器(またはレーザ)設計を考案した。研究チームによると、これはpowe […]

全文を読む

脳腫瘍を撃退できるか、「トロイの木馬」処置

August, 26, 2014, New York--

金のナノ粒子を脳のガン細胞に潜り込ませる技術は、実験室ベースのテストで極めて効果的であることが証明された。  脳の悪性ガンに対する「トロイの木馬」治療は、腫瘍細胞を殺す金のナノ粒子を用いるが、研究チームはそのテストに成功 […]

全文を読む

同一の光子を放出する単一光子源を固体中に多数作製することに成功

August, 26, 2014, Tsukuba--

筑波大学、磯 順一名誉教授、物質・材料研究機構(NIMS)光・電子材料ユニット 寺地徳之主幹研究員らは、ダイヤモンド中のカラーセンタの一つであるSiV-センタを高純度・高結晶性ダイヤモンド薄膜成長時に、極微量の濃度に制御 […]

全文を読む

ハイデルベルク大学、細胞内タンパク質の動きを計測する新方法を開発

August, 25, 2014, Heidelberg--

細胞構造が引き起こす多くの障害により、細胞内のタンパク質の動きが阻害される。ハイデルベルク大学とドイツガン研究センタの研究グループは、生きた細胞内のタンパク質を多重時間、長さスケールで観察することで細胞内トポロジーのマッ […]

全文を読む

プリンストン大学、レーザで血糖値を計測

August, 25, 2014, Princeton--

プリンストン大学(Princeton University)の研究チームは、レーザを使って血糖値を計測する方法を開発した。さらに、レーザシステムをポータブルサイズに縮小するために取り組んでおり、この技術により針で採血する […]

全文を読む

分子の「振る舞い」をリアルタイムで見る

August, 22, 2014, Cambridge--

光をナノスケールでトラップして個々の分子の屈曲とたわみをリアルタイムでモニタリングする新技術は、細胞の内部の変化がガンのような病気にどのように進んでいくかを理解するのに役立つ可能性がある。  新しい方法は、分子の「ダンス […]

全文を読む

光遺伝学で脳の「スイッチボード」をコントロール

August, 20, 2014, New York--

NYUランゴン医療センタの研究チームは、マウスモデルを使い、脳の小さな部分における個々の神経細胞の活動を記録した。  脳のこの部分は「スイッチボード」として働き、外部世界や内部記憶から来る信号の方向付けを行う。統合失調症 […]

全文を読む

レーザクーリングによりAFMプローブの感度を20倍強化

August, 18, 2014, Acton--

オーストラリア国立大学(ANU)のレーザ物理学者は、原子間力顕微鏡(AFM)プローブを20倍高感度にし、検出能力を高める方法を発見した。これにより、個々のウイルスの重さほどに小さなものを検出できると言う。  この技術は、 […]

全文を読む

MSU、UV光によるDNA損傷回避方法を検証

August, 14, 2014, Bozeman--

モンタナ州立大学(MSU)の研究チームは、UV光に暴露されたときにDNAがどのように反応するかについて新たな論文を発表した。  研究成果は、太陽光の紫外線によるDNA損傷について基本的な理解を進めるものである。この損傷は […]

全文を読む

レーザと音波を使うハンドヘルド機器で黒色腫を深部イメージング

August, 14, 2014, Washington--

ワシントン大学セントルイス校の研究チームによると、レーザと音響波を使う新しいハンドヘルドデバイスは、黒色腫の治療と診断を変える可能性がある。  同装置は、初めて直接患者に使用でき、黒色腫(メラノーマ)が皮膚にどの程度深く […]

全文を読む

皮膚ガン検出を改善する新デバイス

August, 13, 2014, Austin--

テキサス大学(UT Austin)コクレル工学研究科(Cockrel School of Engineering)の研究チームは、不要な生検数を減らす光学デバイスを設計した。これは、黒色腫やその他の皮膚ガン病変を検出する […]

全文を読む

Caltech、細胞内を見透す技術を開発

August, 12, 2014, Pasadena--

Caltechが開発した技術により、研究者は、組織、内蔵、体全体でさえも見透すことができる。この技術により、生命体を造る細胞一つ一つから新しい知見を得られ、新たな医療診断応用が期待できる。  Caltech生物学助教授/ […]

全文を読む

ミュンヘン工科大学、人工網膜にグラフェンを利用

August, 12, 2014, Munchen--

ミュンヘン工科大学(TUM)の物理学者は人工網膜の主要素作製にグラフェンの特異的な性質利用している。  グラフェンは、薄く、透明で、スチールよりも引張強度が強い。加えて、銅よりも伝導性が優れている。炭素原子の単層でできて […]

全文を読む

強制的な突然変異がHIVの運命を決める

August, 6, 2014, Cambridge--

15年前、MIT教授、John Essigmann氏とワシントン大学から来た研究者がHIV薬の新しいアイデアを思いついた。もしウイルスが抑えきれずに突然変異するように誘導できると、ウイルスを弱め、最終的に死滅させることが […]

全文を読む

バッファロー大学、新しいイメージング法に向けナノジュースを開発

August, 5, 2014, Buffalo--

バッファロー大学の研究チームは、新しいイメージング技術を開発しようとしている。これは、患者が飲む「ナノジュース」を形成する液体の中に懸濁しているナノ粒子を含んでいる。小腸に達すると医師は無害なレーザ光でナノ粒子を照射し、 […]

全文を読む

超高速イメージング、多波長レーザベース連続時間符号化振幅顕微鏡

August, 1, 2014, Beijing--

超高速リアルタイム光イメージングは、衝撃波、レーザ手術、生きた細胞の科学力学など、力学現象を研究するための効果的で重要なツールである。CCDやCMOSイメージングデバイスなど、従来のイメージングシステムは、フレームレート […]

全文を読む

自然の光ファイバで網膜の色を分類

July, 24, 2014, Haifa--

テクニオン(Technion)の学際的研究グループが、視覚改善のための網膜のグリア細胞の光学的役割を初めて明らかにした。  今日まで、網膜は光を電気信号に変換し、視覚情報を最初に処理するものと考えられていた。しかしテクニ […]

全文を読む

タイプ1糖尿病を診断するナノテクマイクロチップを実現

July, 23, 2014, Stanford--

スタンフォード大学医学部の研究チームは、1型糖尿病用に安価な、ポータブル、マイクロチップベーステストを開発した。これにより診断が迅速になり、病状進展の研究が可能になる。  テストは、1型糖尿病を院外環境で検出するためにナ […]

全文を読む

ライス大学ナノフォトニクス、強力な分子センサを開発

July, 22, 2014, Houston--

ライス大学ナノフォトニクスの研究チームは、分子の光学指標を約1000億倍増幅する独自のセンサを作製した。新たに公表されたテストによると、デバイスは20原子程度を含む個別分子の組成と構造を正確に特定できる。  この新しいイ […]

全文を読む

ニューロビジョン・イメージング、目の検査でアルツハイマー早期発見

July, 18, 2014, Sacramento--

ニューロビジョン・イメージング(NeuroVision Imaging, LLC)は、同社のイメージングシステムが、簡単な目の検査でアルツハイマー病関連の変化を検出できると思われる重要な臨床試験暫定的結果を発表した。   […]

全文を読む

ウィーン医科大、癌細胞診断に新技術

July, 17, 2014, Vienna--

 病理学では、細胞と細胞核は通常、腫瘍のバイオマーカー発現を顕微鏡を用いて調べる。この分析は、例えばガン患者の治療法選択を判断するために使用される。診断の確度は病理学者個人に大きく依存する。  ウィーン医科大病理学臨床研 […]

全文を読む

TUMなど、X線位相コントラスト簡単設定法を開発

July, 16, 2014, Munich--

X線位相コントラストイメージングは、低い放射線量で対象の高精細画像を作り出す。しかしこれまで、このような画像は実現が難しく、一般に大型の粒子加速器にしか見られないような特性を持つ特殊X線光源を必要としていた。  研究チー […]

全文を読む

光でガン細胞を遠隔コントロール

July, 15, 2014, Vienna--

オーストリア科学技術研究所(IST)准教授Harald Janovjak氏とウイーン医科大学助教授、Michael Grusch氏は、ガン細胞を光で遠隔制御する研究についてEMBOジャーナルに発表した。この研究成果は、光 […]

全文を読む

光学顕微鏡で、1nmの人工分子マシン1個を「見て、触る」ことに成功

July, 14, 2014, Tokyo--

東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻の野地博行教授らは、分子の機械的な運動を可視化する「ビーズプローブ光学顕微鏡1分子運動計測法(1分子モーションキャプチャ法)」を大きさ1nmの人工分子マシンに適用し、その回転運動を「 […]

全文を読む

NIST、ハイパースペクトラルイメージングの基準

July, 7, 2014, Gaithersburg--

現在、傷が癒えているかどうかを調べるには医師は生検あるいは何らかの他の侵襲的技術を使わなければならない。  こうした技術は、患者を傷つけるだけでなく、狭い範囲の情報しか提供できない。しかしハイパースペクトラルイメージング […]

全文を読む

2 / 41234

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。