All about Photonics

Science/Research

初のシリコンチップ上円偏向光ディテクタ

October, 29, 2015, Nashville--

初のシリコンチップ集積円偏向光ディテクタ発明により、小型、ポータブルセンサーの開発に道が開かれる。このようなセンサーは、潜在アプリケーションの中でも、薬剤スクリーニング、監視、光通信、量子コンピューティングへの偏向光利用 […]

全文を読む

ガン細胞分子フィンガープリントに超高感度光源を開発

October, 22, 2015, Munich--

フォトニックサイエンスのJens Biegert教授をリーダーとするアトサイエンス/ウルトラファストオプティクスグループの研究チームは、マックスプランク研究所量子オプティクス(MPQ)、ルートヴィッヒマクシミリアンズ大学 […]

全文を読む

誘導ラマン散乱顕微鏡により脳腫瘍手術の精度と安全性向上

October, 21, 2015, Ann Arbor--

手術中に、脳腫瘍組織を正常脳と区別するのは難しい。神経外科医は、手術室で最高度の判断を行うが、腫瘍を除去する際に、その境界の場所を正確にリアルタイムで推量しなければならないことがよくある。  今日のORで最先端のイメージ […]

全文を読む

フラウンホーファー、腎臓結石の迅速な分析にラマン分光使用

October, 19, 2015, Freisburg--

腎臓結石は最も一般的な病気にランクされている。再発は適切な術後処置によって防げる。しかし、それには結石の組成を知らなければならない。フラウンホーファーの研究チームは、術後の尿路結石の迅速な分析のためのシステムを開発してい […]

全文を読む

多数のインフルエンザ株検出に使用される新しいオンチップ光センシング

October, 14, 2015, Santa Cruz--

カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UC Santa Cruz)とブリガムヤング大学(BYU)の研究グループが開発した新しいチップベースのセンシング技術は、多数のバイオマーカーを迅速に検出、特定できる。  「標準的なイン […]

全文を読む

光で細胞内の酵素のはたらきを自在に操作する

October, 7, 2015, 東京--

東京大学の研究グループは、共同研究により、新規に作製した人工の光感受性分子とシミュレーション解析を用いて、細胞内における酵素活性の時間的な変動パターンを定量的かつ可逆的に光操作する手法の開発に成功した。また、開発した手法 […]

全文を読む

金属ジェル、チューナブル発光材料を開発

September, 25, 2015, Cambridge--

MITの研究チームは、色を精密制御した光、ピュアホワイトの光でさえも放出できる材料ファミリを開発した。出力は、幅広い外部条件に応じて調整可能。その材料は、化合物、生体化合物、あるいは機械的条件、熱的条件の検出など幅広く利 […]

全文を読む

レーザとOCTを使用して目の精密手術

September, 24, 2015, Hannover--

弱い視力矯正に、すでにレーザベースの手術が用いられているが、この正確で穏やかな方法は、老眼や網膜の癒着にはまだ用いることができない。  プロジェクトIKARUSではLZH(Laser Zentrum Hannover e […]

全文を読む

理研、生きた霊長類の脳内で神経細胞の「スパイン」を観察

September, 17, 2015, 和光--

理化学研究所脳科学総合研究センター高次脳機能分子解析チームの山森哲雄チームリーダー、定金理研究員、生理学研究所の伊佐正教授らの共同研究グループは、新世界ザルであるマーモセットの大脳皮質において、2光子顕微鏡を用いてスパイ […]

全文を読む

光遺伝学にフィードバックコントロール

September, 16, 2015, Atlanta--

光遺伝学には、光ベースの信号を使うだけでニューロンを活性化することによって脳を研究するための強力なツールがある。しかしこれまでは、こうした光学的刺激技術は「オープンループ」であり、ほとんどの生物学的工学的システムが着実な […]

全文を読む

核酸分析用単一分子検出マシーン

September, 14, 2015, Sankt Augustin--

フラウンホーファーFITは、微量核酸分析向けに単一分子検出機(SMDM)を発表した。同システムは、バイオマーカー特定に使用できる。バイオマーカーは、病気の早期指標となり、これにより治療予測ができる。  超高感度検出システ […]

全文を読む

ナノスケールの孔をイメージングする技術で薬剤開発支援

September, 14, 2015, Houston--

ライス大学(Rice University)の研究グループは、多孔質材料でナノスケール空間の特性を明らかにする技術を開発した。プロジェクトでは、その空間が従来の顕微鏡にとっては小さすぎても、脆弱であっても、多孔質材料の空 […]

全文を読む

貯蔵された記憶を可視化・消去する新技術を開発

September, 11, 2015, 東京--

大脳皮質の数百億もの神経細胞はシナプスを介して情報をやり取りしており、特にグルタミン酸作動性シナプスの多くは樹状突起スパインという小突起構造上に形成される。スパインは記憶・学習に応じて新生・増大し、それに伴いシナプスの伝 […]

全文を読む

運動ニューロンの「歩行」をリアルタイムで見る

September, 10, 2015, La Jolla--

ソーク研究所の研究チームは、運動ニューロンの活動をリアルタイムで観察する方法を開発した。Neuron誌に発表されたこの新技術は、脊髄細胞が運動ニューロンとどのように関係をつけるかを研究者が理解するのに役立つ。また、脊髄損 […]

全文を読む

光遺伝学にフィードバックコントロール

September, 9, 2015, Atlanta--

光遺伝学には、光ベースの信号を使うだけでニューロンを活性化することによって脳を研究するための強力なツールがある。しかしこれまでは、こうした光学的刺激技術は「オープンループ」であり、ほとんどの生物学的工学的システムが着実な […]

全文を読む

フラウンホーファーILT、レーザ光で人工血管製造

September, 8, 2015, Aachen--

人工の3層灌流皮膚モデルにより、EU研究プロジェクトArtiVasc 3Dは未知の領域に踏み込みつつある。  フラウンホーファーレーザ技術研究所(Fraunhofer Institute for Laser Techno […]

全文を読む

蛍光イメージングで脳のビジュアルコネクションデータを明らかにする

September, 7, 2015, Kuopio--

脳の接続は、神経発達を通じて不要な部分が取り除かれると神経科学者は考えている。教科書通りなら、機能が構造を作り出す。しかしバージニア工科大学カリリオン研究所(Virginia Tech Carilion Research […]

全文を読む

感光性スイッチが学習や記憶を促進

September, 4, 2015, Munich--

ルートヴィヒ・マクシミリアン大学(LMU)の研究チームは、赤い光に感度があるスイッチを開発した。これはシナプス可塑性の神経生物学に関わるタンパク質を調整する。その化学物質は、学習、記憶および神経変性現象に新たな光をもたら […]

全文を読む

生体顕微鏡により免疫系プロセスの詳細を解明

September, 1, 2015, Bonn--

ボン大学と米国および日本の研究者の協働により、重要な免疫機構が明らかになった。  研究成果は、感染した場合に身体がどのように重要なキラー細胞にヘルパーを与えるかを示している。この研究は、今後のワクチン改善法を示すものとな […]

全文を読む

脳外科手術にイノベーションをもたらす最小3Dカメラ

August, 31, 2015, Pasadena--

脳外科手術では、医師は細部を小規模に見る必要がある。脳内部の3D画像を映し出す小型カメラなら、扱っている組織の込み入った箇所を見るのに役立ち、処置がより速く安全になる。  そのようなカメラ付きの内視鏡がNASAのジェット […]

全文を読む

アルツハイマーの隠された秘密に光を

August, 28, 2015, New York--

研究チームは、レーザ光と油脂コートの銀ナノ粒子を含む新しい方法を利用して、細胞デコイの外皮を突き破ろうとしている際に、アルツハイマー分子の捕まえにくい毒性形態を垣間見た。  アルツハイマーの源泉、老人から記憶を奪うものは […]

全文を読む

悪性黒色腫を生検なしで正確に検出できる非侵襲技術を開発

August, 25, 2015, Washington--

ランカスター大学(Lancaster University)とイタリアのピサ大学(Pisa University)の研究チームは、皮下血流の微妙な違いを検出するレーザ利用特殊技術によって研究者が、悪性黒色腫と非ガン性のほ […]

全文を読む

X線で昆虫の構造の細部を明らかにする

August, 20, 2015, Munich--

ミュンヘンの物理学者は、レーザ光で駆動するコンパクトなX線光源を開発した。位相差X線トモグラフィと組み合わせると同システムは、生命体の組織構造の詳細な3Dイメージングを可能にする。  新しいX線イメージングシステムは、L […]

全文を読む

空間情報とスペクトル情報を同時提供する分子イメージング

August, 19, 2015, Berkeley--

ローレンスバークリー国立研究所(Lawrence Berkeley National Laboratory)の研究者は、ナノスケールで生物を見るために物理化学的方法を用い、前例のないスペクトル的空間的分解能で単一分子を撮 […]

全文を読む

X線レーザで重要なシグナリングタンパク質のマップを作る

August, 18, 2015, Menlo Park--

Natureに発表された生体医学ブレイクスルーは、感覚反応やホルモン応答性を制御するこれまで見たことのない人の細胞のスイッチボードの細部を明らかにしている。この成果は、エネルギー省のSLAC国立加速器研究所のX線レーザ実 […]

全文を読む

将来の結腸内視鏡検査、微動焦点により不快感低減

August, 18, 2015, Singapore--

シンガポール国立大学の研究チームは、スリムなパッケージで焦点調整機能を持つ内視鏡プローブを開発した。  レンズシステムは、2つの透明なポリマプレートを持ち、それぞれ1つの平坦面と自由曲面を持つ。自由曲面は互いに逆になって […]

全文を読む

非侵襲デバイスで血糖値をモニタ

August, 11, 2015, Leeds--

皮膚に刺さないで血糖値をモニタする新しいレーザセンサは、何百万人の糖尿病患者生活を変えることができる。  現在、糖尿病患者の多くは、指を刺して血液をテストストリップに絞り出し、ポータブル血糖計で処理することで血糖値を計測 […]

全文を読む

光による加熱と冷却で超高速DNA診断

August, 11, 2015, Berkeley--

UCバークレイ(UC Berkeley)の生体工学研究者が開発した新技術は、光のスイッチで遺伝しサンプルの加熱と冷却を加速することで実験室の有用ツールをより安価に、ポータブルに、何倍も高速にする見込みがある。  Ligh […]

全文を読む

ネットワーク理論に基づいた新しい統合失調症の解析手法を開発

July, 29, 2015, 大阪--

NICT脳情報通信融合研究センター(CiNet)の下川哲也主任研究員と大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授のグループは、安静時の脳活動の脳画像データに対して脳内を活動の類似性で色分け(モジュール化)すること […]

全文を読む

光でナトリウムイオンを輸送するタンパク質の謎を解明

July, 29, 2015, 名古屋--

名古屋工業大学 大学院未来材料創成工学専攻 ナノ・ライフ変換科学分野およびオプトバイオテクノロジーセンター、神取秀樹教授、井上圭一助教らのグループは、光のエネルギーを使ってナトリウムイオン(Na+)を細胞から汲み出す新し […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。