All about Photonics

Science/Research

超解像度顕微鏡でT細胞受容体を観察

July, 5, 2016, La Jolla--

身体が侵入病原体と闘っている時、T細胞を含め、白血球は反応しなければならない。ソーク研究所(Salk Institute)の研究チームは、T細胞表面の活性受容体が、活性化した時に、どのようにまとまるかを画像化した。  リ […]

全文を読む

先進的イメージングを使って脳震盪の結果を予測

July, 4, 2016, Bronx--

先進的なイメージング技術を使ってアルバート・アインシュタイン医科大学(Albert Einstein College of Medicine and Montefiore Health System)の研究チームは、最近 […]

全文を読む

EPFL、レーザで生体組織工学の主要限界を克服

June, 30, 2016, Lausanne--

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)が開発した新技術は、微少流体技術(マイクロフルイディクス)とレーザを組み合わせて3D空間で細胞をガイドし、生体組織工学の主要な限界を克服するものである。  未来の医学は、チップ上 […]

全文を読む

角膜疾患を標的にする光エラストグラフィ法

June, 27, 2016, Houston--

ヒューストン大学(UH)生物医学工学者が、人の角膜の構造的完全性をマッピングする新しい技術を開発している。これは、変性角膜疾患のより効果的な治療につながる研究。  UHの生体医用工学教授、Kirill Larin氏は、国 […]

全文を読む

新イメージング法、DNAの詳細をナノスケールで明らかに

June, 24, 2016, Washington--

スタンフォード大学の研究チームは、ナノスケールで個々のDNA鎖の構造をプローブできる新しい強化版DNAイメージング技術を開発した。  DNAは、多くの疾病過程の起源にあるので、DNAが損傷を受けたり他の細胞過程が遺伝子発 […]

全文を読む

狭波長域UV光で耐性菌を安全に破壊

June, 23, 2016, New York--

コロンビア大学医療センタ放射線学研究(Center for Radiological Research at Columbia University Medical Center)のチームは、狭波長域UV光が、マウスの耐 […]

全文を読む

VTT、呼気からヘリコバクタの無痛、迅速、高信頼診断法を発表

June, 22, 2016, Veldhoven--

将来、病気によっては、呼気に含まれる同位体の光学的分析により迅速かつ無痛で診断できるようになる。VTTは、この目的で最初のプロトタイプを開発した。  そのデバイスを用いて、患者の胃の病気がヘリコバクタによるものであるかど […]

全文を読む

前立腺ガン患者の新しいオプション、レーザアブレーション

June, 21, 2016, Los Angels--

前立腺ガン患者には、近々新たな処置のオプションが可能になる。UCLAの研究チームは、レーザの熱を正確に腫瘍に適用する病巣のレーザアブレーションが中程度のリスクのある前立腺ガンの男性患者で、実行可能であり、安全でもあること […]

全文を読む

東京工大、体の深部を探る世界初の近赤外発光基質を開発

June, 17, 2016, 東京--

東京工業大学の口丸高弘助教と近藤科江教授らは、電気通信大学の牧昌次郎助教と丹羽治樹教授らと共同で発光酵素ホタルルシフェラーゼ(F-Luc)の基質の開発を行い、体内深部からの発光シグナルを感度良く観察することができる近赤外 […]

全文を読む

コインサイズOCTスキャナで失明を早期診断

June, 14, 2016, Potsdam--

ヨーロッパの研究グループが画期的な、コンパクト、コスト効果が高い網膜スキャナの開発に取り組んでいる。これは、世界的に失明の主因となっている網膜疾患の早期診断で重要な役割を果たすと見られている。Horizon 2020から […]

全文を読む

光音響技術プラットフォームでステージⅢ黒色腫患者循環腫瘍細胞を検出

June, 13, 2016, Ann Arbor--

循環腫瘍細胞(CTC)の検出、自動捕捉技術の開発と商用化に取り組んでいるAccousys Biodevices社は、概念実証研究成果をアメリカ臨床腫瘍年次学会で発表した。  研究は、同社の光音響フローサイトメータ技術が、 […]

全文を読む

GW研究チーム、新薬開発促進に光遺伝学を利用

June, 9, 2016, Washington--

ジョージワシントン(GW)大学の研究チームは、見込みのある新薬が心臓不整脈を起こすかどうかを、光を利用して細胞をコントロールする技術、光遺伝学を使って予測を速める方法を開発した。  研究チームは、心臓応答細胞を鼓動させ、 […]

全文を読む

超解像度顕微鏡の限界を打破する新技術

June, 8, 2016, Quebec City--

世界最先端の顕微鏡で、単一分子、タンパク質、ウイルス、その他の極微生体構造を見ることができるが、最高の顕微鏡にも限界がある。  コロラド州立大学の研究チームによると、超解像度顕微鏡の技術の限界を押し広げると、例えば、生き […]

全文を読む

強力プリズムデバイスで片側視野欠損患者の視野を拡大

June, 7, 2016, Boston--

マサチューセッツのシェッペンス・眼研究所(Schepens Eye Research Institute of Massachusetts Eye and Ear)と、ハーバード医科大学(Harvard Medical […]

全文を読む

超解像度顕微鏡でE. coliバクテリアのタンパク質の分解の仕方を示す

June, 3, 2016, 沖縄--

沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究チームは、ストックホルム大学との共同研究により、大腸菌中の大きなタンパク質の複合体が、細胞分裂の後、どのように分解するかを世界で初めて示すことに成功し、この研究結果が Molecu […]

全文を読む

Profusaの組織注入光バイオセンサ、リアルタイムで身体の生化学をモニター

May, 31, 2016, Vienna--

身体の組織の1つになる注入可能バイオセンサがやがて臨床実験室に取って代わる日が来る。Profusaは、デジタルヘルスの新時代を約束する、注入可能なLumeeバイオセンサ技術を発表した。  DARPAと国立衛生研究所(NI […]

全文を読む

フォトニクスフェンスでカンキツ類の害虫を駆除

May, 30, 2016, Washington--

インテレクチュアル・ベンチャーズ研究所(Intellectual Ventures Laboratories)の研究によると、フォトニックフェンスは、カンキツグリーニング病を媒介するアジアミカンキジラミを効果的に追跡しレ […]

全文を読む

脂肪質の動脈内をさらに深く見ることができる新しいイメージング技術

May, 27, 2016, Washington--

パデュー大学、インディアナ大学医学部、上海光学・精密機械研究所の研究チームは、高感度光音響カテーテルプローブが心臓病の特定にどのように役立つ可能性があるかを実証した。  プラークが動脈内に蓄積すると、動脈が厚く硬くなる原 […]

全文を読む

狭帯域グリーンライトで偏頭痛改善

May, 27, 2016, Boston--

光感受性、光恐怖症は偏頭痛のよくある症状であり、これは世界人口の約15%に影響を与えている。BIDMC(Beth Israel Deaconess Medical Center)の研究チームの新しい研究によると、偏頭痛患 […]

全文を読む

新しい多光子顕微鏡と内視鏡で病気診断の高速化

May, 27, 2016, Bath--

新しい光学機器を使うと、医療試験や手術中に組織サンプルを採って試験にまわす必要性が少なくなる。したがって診断や処置が高速化され、ヘルスケアコストも削減できる可能性がある。  1つは、外部組織、手術中に露出する組織をテスト […]

全文を読む

光で神経細胞をコントロール

May, 25, 2016, Bochum--

統計によると、5人に1人が生涯でうつ病や不安に襲われる。こうした病気を引き起こすメカニズムは、まだ十分に理解されていない。とは言え、研究者は60年前から根本原因の1つは、神経伝達物質セロトニンレベルの変化であるとの仮定を […]

全文を読む

変種リステリア属細菌特定にレーザツールが有効

May, 24, 2016, West Lafayette--

すでに有害バクテリアの迅速発見に使われているパデュー大学(Purdue University)が開発したレーザツールが、同じ時間でリステリア属細菌の変種の検出もできることが示された。  BARDOレーザは、個々のバクテリ […]

全文を読む

ミトコンドリアDNA送達を可能にするレーザを使ったナノブレード

May, 23, 2016, Los Angeles--

UCLAを中心とした研究チームは、ミトコンドリアDNA病、脳や心臓、筋肉に影響を及ぼす広範なグループの遺伝性疾患について調査する新しい方法を明らかにした。  新しい方法は、UCLAの研究チームが開発した、細胞膜に穴を開け […]

全文を読む

超高解像度構造化照明顕微鏡システムエクソゾームをリアルタイム観察

May, 18, 2016, Cardiff/Leuven--

国立物理学研究所(NPL)とアストラゼネカの生物学的R&D部門、MedImmuneの研究グループは提携して、治療学の標的デリバリ向けにエクソゾームの利用を研究する。  エクソゾームは、タンパク質やRNAなどの生 […]

全文を読む

1ペニーサイズの小型顕微鏡で神経系細胞の隠された役割を明らかに

May, 17, 2016, La Jolla--

1ペニーサイズの顕微鏡が脊髄内の細胞の日常活動を明らかにする。その画期的な技術は、星状膠細胞が激しい感覚に突然反応することを明らかにした。星状膠細胞とは、神経系の細胞で、電気信号を伝導せず、これまで単なる支持細胞と見なさ […]

全文を読む

成人の脳は新しいニューロンの枝分かれした接続を切り取る

May, 16, 2016, La Jolla--

ソーク(Salk)の研究によって成人の脳の発達を初めて密接に追跡し、自閉症や統合失調症などの神経発達障害を見通せるようになる。  成人の脳はその構造を微調整するとき、彫刻家のように機能する。完璧な設計となるように必要以上 […]

全文を読む

蛍光顕微鏡でIVFに最適の卵をピンポイントできる

May, 13, 2016, Chicago--

ノースウエスタン医科大学の新しい研究によると、人の卵子を精子酵素で活性化すると亜鉛の爆発的スパークが起こる。この「スパーク」のサイズで卵子の品質を直接計測し、胚に発展する能力を測ることができる。  研究チームによると、こ […]

全文を読む

大脳皮質ニューロンの過去最大のネットワーク

May, 12, 2016, Seattle--

脳の神経ネットワークは最も単純なものでも数100万の接続で構成されており、脳の働きを理解するには、この膨大なネットワークを調べることが不可欠である。  シアトルのアレン脳科学研究所、ハーバード大学医学大学院、ニューロ-エ […]

全文を読む

理研と産総研、神経突起を光で誘導

May, 10, 2016, 和光--

理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター神経成長機構研究チームの上口裕之チームリーダー、産業技術総合研究所 健康工学研究部門の達吉郎研究部門長らの共同研究チームは、神経突起を光で誘導するための光活性型ペプチドを開発した […]

全文を読む

将来のナノロボティクスの基盤となるナノエンジンを開発

May, 9, 2016, Cambridge--

ケンブリッジ大学(University of Cambridge)の研究チームは、将来生きた細胞に入り込めるようなナノロボティクスのアプリケーション基盤を形成するナノエンジンを作製した。  ナノエンジンは、動力に光を使用 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。