All about Photonics

Science/Research

KIT、3Dレーザ技術でナノスケールAFM先端を自在にデザイン

September, 1, 2016, Karlsruhe--

3Dレーザリソグラフィは、生物学や工学のナノ構造研究用の顕微鏡を強化する。  原子間力顕微鏡(AFM)は表面のナノ構造を可視化する。そのプローブは、最高精密測定ニードルで研究材料をスキャンする。カールスルーエ工科大学(K […]

全文を読む

超高速で感染症を検出する新しいコンパクト顕微鏡

August, 30, 2016, Duesseldorf--

ヨーロッパの研究クループが、生死に関わる細菌による感染を最速で発見できる顕微鏡を発明した。例えば、それはE. coli、スタヒロコッカス、髄膜炎のような症状であり、これにより毎年数百万人の命を救うことができるようになる。 […]

全文を読む

人工網膜で将来鮮明な視覚が実現される見込み

August, 30, 2016, Paris--

大きな治療課題、過去10年にわたり開発中の人工網膜は、盲目の被験者が光信号を感じられるようにできるが、回復された像はまだ鮮明とは言えない。齧歯動物で、インプラントにより人工的に生成された視覚野の活動と自然の視覚とを比較す […]

全文を読む

鳥の飛行速度は群れのサイズが大きいほど高速

August, 26, 2016, Lund--

ルンド大学の新しい研究によると、鳥の飛行速度は様々な要因で決まる。中でも最も驚くべきは、群れのサイズが鳥の飛行速度に大きく影響を与えることである。群れが大きくなればなるほど、飛行速度は速くなる。  ルンドの科学学部の研究 […]

全文を読む

MIT、中耳感染診断に短波赤外装置

August, 25, 2016, Cambridge--

MITの研究者とコネチカット小児科センタの医師が開発した新しいデバイスは、耳の感染を正確に診断する医者の能力を大きく改善する。これにより、米国では、診断が正しくなく、不必要な抗生物質が処方されている症例が年間に推定200 […]

全文を読む

3Dイメージングの顕微手術への応用

August, 24, 2016, Heidelberg--

ライブ3Dイメージングは今日最もホットなトピックの1つであり、医療イメージング力を変革し、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の背後にある没入型経験を提供する。デューク大学(Duke University)のDr. Jos […]

全文を読む

症状が現れる前に眼のテストでパーキンソン病を発見

August, 22, 2016, London--

UCL(University College London)の研究チームがラットで行った研究で、パーキンソンの症状、震えや筋硬直の症状が表れる前にローコストの非侵襲的な目の検査でパーキンソン病を発見できる。  UCL眼科 […]

全文を読む

蛍光顕微鏡でガン細胞の転移を洞察

August, 22, 2016, Los Angels--

UCLA、カリフォルニアナノシステムズ研究所の研究チームは、ガン細胞の転移の仕方で独自の理論を確認する方向で大きく踏み出した。研究成果は、黒色腫の広がりを抑える新たな戦略につながる可能性がある。  ガンの広がり方は、腫瘍 […]

全文を読む

アダブティブオプティクス3D顕微鏡、超解像度細胞イメージング

August, 18, 2016, West Lafayette--

複数の大学の共同研究チームによると、新しい超高解像度「ナノスコープ」は、細胞全体とその細胞構成要素を前例のない詳細さで3D画像に撮ることができる。これは、これまでに見られなかった生物学的現象を明らかにし、新たな医療洞察を […]

全文を読む

これまで見えなかったものを見る:ナノビーズでできたスーパーレンズ

August, 18, 2016, Bangor--

Science Advancesに発表された論文によると、新しい固体3Dスーパーレンズを使うと、従来の顕微鏡で見えるものの範囲を拡大することができる。  パンガー大学のDr Zengbo Wang、復旦大学Limin W […]

全文を読む

硬膜外麻酔の光センサアシスト硬膜外針

August, 17, 2016, Cambridge--

MITとマサチューセッツ総合病院(MGH)のチームは、硬膜外針に埋め込むことができる新しいセンサで硬膜外処置に関わる問題を改善できると考えており、この新技術により麻酔科医は正しい位置に針をガイドすることができるようになる […]

全文を読む

新しいアプローチで蛍光顕微鏡の3D解像度が2倍に

August, 16, 2016, Washington--

一度に3視点を利用することで、解像度を大幅に改善する新しい顕微鏡アプローチが開発された。この新方法は、特に生物学的プロセスの動力学を見る際に役立つ。健全な細胞の活動の仕方、病気が発生した時に何が問題になるかを洞察すること […]

全文を読む

脳治療向けのウインドウ・インプラント材料を開発

August, 12, 2016, Riverside--

カリフォルニア大学リバーサイド(University of California, Riverside)の研究チームは、「脳への窓」透明頭蓋インプラントを現実に近づけた。研究成果は、Lasers in Surgery a […]

全文を読む

ハンドヘルドOCTで子供の網膜の高解像度画像取得

August, 12, 2016, Durham--

デューク大学(Duke University)の工学、物理学研究グループは、細胞レベルの解像度で網膜の画像を撮ることができるハンドヘルドデバイスを開発した。この新しいデバイスにより研究グループは初めて、子供と幼児の目につ […]

全文を読む

新しい非侵襲的イメージングで組織内の酸素を撮像

August, 10, 2016, Rochester--

身体の内部を切り開くことなく見る方法の研究は今なお医学研究の重要部分である。イメージングにおける大きな課題の1つは、今でも組織内の酸素の可視化である。ミュンヘン工科大学(TUM)生体イメージングチェア、ヘルムホルツセンタ […]

全文を読む

新開発の光学顕微鏡を用い緑色蛍光タンパク質の回転速度を細胞内で計測

August, 9, 2016, 札幌--

北海道大学の金城政孝教授らは,溶液及び細胞内部のタンパク質の回転拡散を計測することに成功した。  従来の蛍光顕微鏡に,カメラの代わりに開発した装置を接続するという簡便な手法を用いることにより,従来方法では得られなかったブ […]

全文を読む

ガン治療に光線療法、薬剤と遺伝子療法を統合

August, 8, 2016, Cambridge--

ガン細胞は手術後も残り、再発や転移のリスクがある。腫瘍は、最大50%の患者で再発することが知られている。MITの研究チームは、手術の前または後のいずれかで腫瘍部位に張り付く接着パッチが、薬剤、遺伝子、光遺伝学の3重の組み […]

全文を読む

微生物の個性を測る高速分子イメージング法を開発

August, 5, 2016, 東京--

東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻の鈴木祐太特別研究員、小関泰之准教授、東京大学大学院理学系研究科の合田圭介教授らは、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の […]

全文を読む

尿酸結晶分析にコンピュータ顕微鏡を使用するプラットフォームを開発

August, 3, 2016, Los Angeles--

UCLAの研究チームは、米国だけで800万人以上の成人に影響を及ぼす痛風を診断できるポータブルイメージングシステムを設計した。  新システムはコンパクトでコスト優位性があり、これによって多くの初期診療医師が病気を調べるこ […]

全文を読む

ロシアの研究者、安価なセラミックレーザ・メスを開発

August, 2, 2016, Moscow--

MIPT(モスクワ物理学・技術研究所)の研究チームは、新しいコンパクトで強力なセラミックベースのレーザを開発した。これは、手術用の最小衝撃で安価なレーザ・メスとして使える。また、複合材料の切断、エッチングにも使える。   […]

全文を読む

光磁場センサで神経系の信号を検出可能

July, 29, 2016, New York--

人の身体は電気刺激によってコントロールされている、例えば脳、心臓、神経系。これらの電気信号が微小な磁場を作り、医師はそれを使って様々な病気を診断する、例えば胎児の脳あるいは心臓の病気。  ニールスボア研究所の研究チームは […]

全文を読む

「スマート」ナノ粒子、PEARLを発見

July, 21, 2016, Toronto--

トロント大学医療生物物理学教授、Dr. Gang Zhengの生物医学研究チームは、「スマート」な有機、生分解性のナノ粒子を発見した。これは、熱と光を制御して利用し、極めて高精度に腫瘍を標的にして除去する可能性がある。 […]

全文を読む

恐怖学習に重要な役割を果たす感情記憶を担う脳の神経細胞

July, 20, 2016, New York--

恐怖記憶のエンコーディングは、トラウマに関連付けられたきっかけに対する永続的な反応に関与するもので、マウントサイナイ医科大学で行われた研究によると、これは偏桃体のバルブアルブミン介在ニューロン(PV-INs)という抑制細 […]

全文を読む

超解像イメージングで生きた細胞の光エネルギー伝達を観察

July, 19, 2016, 和光--

理化学研究所(理研)光量子工学研究領域生細胞超解像イメージング研究チームの岩井優和客員研究員、中野明彦チームリーダーらの共同研究チームは、生細胞超解像・高速イメージングによって、生きた植物細胞内に存在する葉緑体内での「光 […]

全文を読む

テキサスA&Ḿ大学、新技術で糖尿病管理を改善

July, 14, 2016, Marcoussis--

テキサスA&M大学生体医用工学の研究者によると、特殊タイプの光の吸収の仕方に基づいてグルコースを検出する新開発の方法が、糖尿病で健康状態をモニタするのに利用している指を刺す侵襲的なテストに終わりを告げる。  テ […]

全文を読む

ハーバード大、スーパーから超解像度顕微鏡へ

July, 11, 2016, Boston--

ハーバード大学Wyss Institute for Biologically Inspired Engineeringの研究チームは初めて、光学顕微鏡でこれまでの最高の分解能を達成した。相互に密集した単一分子構造からわず […]

全文を読む

CephalogicsのHD-DOTシステムで大脳皮質かん流を撮像

July, 6, 2016, Boston--

アライドマインズ(Allied Minds)社の子会社、セファロジックス(Cephalogics)は、同社の高密度散乱光トモグラフィ(HD-DOT)システムが、健康な被験者の視覚刺激からの大脳皮質かん流における非常に小さ […]

全文を読む

超解像度顕微鏡でT細胞受容体を観察

July, 5, 2016, La Jolla--

身体が侵入病原体と闘っている時、T細胞を含め、白血球は反応しなければならない。ソーク研究所(Salk Institute)の研究チームは、T細胞表面の活性受容体が、活性化した時に、どのようにまとまるかを画像化した。  リ […]

全文を読む

先進的イメージングを使って脳震盪の結果を予測

July, 4, 2016, Bronx--

先進的なイメージング技術を使ってアルバート・アインシュタイン医科大学(Albert Einstein College of Medicine and Montefiore Health System)の研究チームは、最近 […]

全文を読む

EPFL、レーザで生体組織工学の主要限界を克服

June, 30, 2016, Lausanne--

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)が開発した新技術は、微少流体技術(マイクロフルイディクス)とレーザを組み合わせて3D空間で細胞をガイドし、生体組織工学の主要な限界を克服するものである。  未来の医学は、チップ上 […]

全文を読む

10 / 20« 先頭...89101112...20...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。