All about Photonics

Science/Research

光遺伝学でアルツハイマーマウスモデルの失われた記憶を回復

April, 6, 2016, Cambridge--

アルツハイマー病は物忘れなどの記憶障害から始まり、徐々に認知機能全般が低下していく病気。アルツハイマー病では、記憶の形成、保存、想起に重要な役割を果たす「海馬」やその周辺で神経細胞の変性が起こる。そのため、アルツハイマー […]

全文を読む

肺病のための新MRIスキャン技術に大きなブレイクスルー

April, 1, 2016, Nottingham--

ノッティンガム大学の研究チームにより、肺病の画像を著しく鮮明にする新しいスキャニング技術が大きく前進した。  Sir Peter Mansfield Imaging Centreの研究チームが、肺内部に空間を作ってMRI […]

全文を読む

新しいナノ粒子によりガン治療効果がリアルタイムで明らかに

April, 1, 2016, Boston--

ガン治療が患者に有効であるかどうかを早期に検出できれば、それは治療過程に影響を与え、結果と生活の質(QOL)を改善することができる。しかし従来の検出法、PETスキャン、CT、MRIでは通常、患者が何周も治療を受けるまで、 […]

全文を読む

細胞の電気信号制御に光を使い、腫瘍を防ぎ正常化する

March, 22, 2016, Medford--

カエルモデルを使うタフツ大学(Tufts University)の生物学者たちは、光を使って細胞間の電気信号を制御することで腫瘍の形成を防ぎ正常化できることを初めて実証した。  これは、発がん遺伝子による腫瘍を防ぎ、退行 […]

全文を読む

新たなアプリケーション分野に道を開くマグネシウム合金

March, 15, 2016, Aachen--

特殊な加工技術により選択的レーザ溶融(SLM)をより扱いが面倒な材料で使えるようになっている。例えば、マグネシウム合金、銅合金、その他の亀裂が入りやすいもの、溶接が難しい金属。これらの材料の利用により、新しいアプリケーシ […]

全文を読む

高屈折率の改良型透明化液で深部超解像イメージングを実現

March, 15, 2016, 和光--

理化学研究所(理研)多細胞システム形成研究センター感覚神経回路形成研究チームの今井猛チームリーダー、柯孟岑国際特別研究員、金沢大学新学術創成研究機構の佐藤純教授らの共同研究グループは、生体組織深部の超解像イメージングを可 […]

全文を読む

2つのイメージング技術を組み合わせて危険な冠動脈プラークを特定

March, 15, 2016, Albany--

OCTと別の先端イメージング技術を組み合わせることで、非常に破裂しやすく心臓発作を起こしやすい冠動脈プラークをもっと正確に特定できる。  JACC心臓血管イメージング(JACC Cardiovascular Imagin […]

全文を読む

ワシントン医科大学、レーザ手術で脳腫瘍患者に化学療法の道を開く

March, 14, 2016, St. Louis--

ワシントン医科大学神経外科は、レーザプローブを使って、血液脳関門を開き、致命的な脳腫瘍患者に化学療法薬を送達できるようにした。  試験研究では、グリオブラストーマの14患者が、腫瘍再発治療のためにほとんど侵襲性のないレー […]

全文を読む

MSKガンセンター、ナノテクノロジーで腫瘍を可視化

March, 10, 2016, N.Y.--

MSK(Memorial Sloan Kettering)ガンセンター、薬理学者、Daniel Hellerが発表した3D乳がん腫瘍スフェロイド(フラスコで成長させた人のガンの凝集)画像は、カーボンナノチューブが浸潤した […]

全文を読む

ジョンホプキンス大学、クモの糸のタンパク質の超弾性性を発見

March, 1, 2016, Englewood--

ジョンホプキンス大学生物物理学の研究グループは、クモの巣の超弾性のポイントの1つを発見した。クモの巣を作るのにつかわれる糸のタンパク質がスーパースプリングのように機能し、最初の長さの5倍に伸びることを発見した。  研究グ […]

全文を読む

口腔/顎顔面外科手術のレーザアシスト創縫合

February, 29, 2016, Aachen--

組織修復のための生体光技術プロジェクト(BI-TRE)では、ドイツ、イスラエル、ラトビア、イタリアの研究グループが生体光技術の産業、臨床、医療アプリケーションでの利用を組織的に早めようとしている。  多国籍のバイオフォト […]

全文を読む

光誘導による微生物回収技術の開発に成功

February, 18, 2016, 東京--

東京農工大学 大学院工学研究院 生命機能科学部門・グローバルイノベーション研究機構の早出 広司教授は、大腸菌に対して、特定の波長の光を照射することにより細胞を凝集させ、沈殿回収する技術の開発に成功した。  大腸菌などの遺 […]

全文を読む

手術応用に近づくカリバチに触発された針

February, 15, 2016, London--

神経外科では、現在医師はカニューレと言う細く硬い中空の針を脳に挿入することで薬剤を輸送し、液体を流す。カニューレの硬い構造は、それを真っ直ぐに挿入しなければならないことを意味しており、柔らかくて変形する脳組織の変化する性 […]

全文を読む

伝導性コンタクトレンズでリアルタイム健康モニタ

February, 12, 2016, Adelaide--

南オーストラリア大学(UniSA)の研究チームは、普通のコンタクトレンズを次世代コンシューマエレクトロニクスに変えようとしている。  UniSAの未来産業研究所(FII)の研究チームは、コンタクトレンズ上で電気を通すポリ […]

全文を読む

老眼矯正改善に超高速レーザ法が有望

February, 12, 2016, Hannover--

現在、老眼は通常、老眼鏡をかけることで処置されている。この弱い視力のレーザによる矯正をテストする別の方法もテストされている。現在LZH(Laser Zentrum Hannover e.V.)は、プロジェクトパートナー2 […]

全文を読む

米・欧の共同研究グループ、ウイルスをラベルフリーで検出

February, 10, 2016, Leibniz--

Heraeus Quartz Glass、米国ハーバード大学とオランダのライデン大学と共同でライプニッツフォトニック技術研究所(IPHT)の研究者は、20nm以下の自由拡散ウイルスをラベルフリー検出することに成功した。 […]

全文を読む

高分子ファイバでワイヤレス電極をつなぐ―電子デバイス配線への応用に道

February, 4, 2016, 東京--

東京工業大学大学院総合理工学研究科の稲木信介准教授、小泉裕貴博士後期課程1年、冨田育義教授らは、ワイヤレス電極(バイポーラ電極)を用いた電解重合法により、導電性高分子がファイバ状に成長する現象を発見した。この現象を応用し […]

全文を読む

遠赤外線を用いた血糖値測定法の開発に成功

February, 4, 2016, 仙台--

東北大学大学院医工学研究科・工学研究科 松浦祐司教授の研究グループは、遠赤外線を用いて無侵襲で血糖値測定を行う手法の開発に成功した。この手法を用いれば、人体に無害な遠赤外線を照射するだけで、採血なしでの血糖値測定が可能に […]

全文を読む

ケベックの研究チーム、標的薬剤で腫瘍や感染症と闘う

January, 29, 2016, Quebec--

腫瘍除去の目的でデザインされたような薬剤の投薬は、深刻な副作用を起こすことがある。厄介な症状は、それが必要ないところへ到達して健全な細胞に損傷を起こした結果であることがよくある。このリスクを最小化するためにケベックの研究 […]

全文を読む

UCSD、脳腫瘍の正確なレーザ処置を評価

January, 28, 2016, San Diego--

UCSD Healthの神経外科医は、侵襲性の少ないFDA認定レーザ装置、NeuroBlateシステムが患者の生活の質(QOL)にどのように影響を与えるかを評価するために、重要な多面的研究を開始した。  UCSD(カリフ […]

全文を読む

抗生物質耐性バクテリアに対する光活性化ナノセラピーの効果を証明

January, 27, 2016, West Hills--

薬物抵抗性をもつ細菌との拡大が続く進化闘争において、コロラド大学ボルダ―校(University of Colorado Boulder)の研究チームが開発した適応型光活性化ナノセラピーにより人間はいずれ優位に立つかも知 […]

全文を読む

NICT、暗号化したままデータを分類できるビッグデータ向け解析技術を開発

January, 19, 2016, 東京--

NICT セキュリティ基盤研究室は、大量のデータを暗号化したまま複数のグループに分類できるビッグデータ向け解析技術を開発した。  この技術は、NICTが開発していた準同型暗号技術SPHERE(スフィア)とロジスティック回 […]

全文を読む

イリノイ大学、フラット量子ドットを開発

January, 19, 2016, Urbana--

イリノイ大学の学際的な研究チームは、量子ドットから新しい材料複合体を開発した。このリポタンパク質ナノプレートレットは、細胞に急速に取り込まれてその蛍光を維持するので、特に細胞のイメージングや病気の機構理解に適している。 […]

全文を読む

EPFL、分子検出にクモの糸を利用

January, 15, 2016, Ecublens--

EPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)のファイバオプティクスグループ教授、Luc Thévenazは、従来のガラス製ファイバから、関心をクモの巣の糸に向けた。  クモの糸は完全円筒形、滑らかで透明であり、非常に丈夫で […]

全文を読む

昆虫の目の3次元ビジョンをコンピュータやロボットに転用する研究

January, 15, 2016, Albuqueroque--

ニューキャスル大学の研究チームは、カマキリが三次元(3D)ビジョンを用いることを微小ガラスで実証した。これはロボットの視覚改善の新たなモデルとなる。  3Dビジョンについてのほとんどの知識は脊椎動物からの得ているが、ニュ […]

全文を読む

信号処理システムを変革する独自のフォトニックフィルタ

January, 14, 2016, Albuqueroque--

サンディア国立研究所(Sandia National Laboratories)の研究チームによると、1個のチップ上で光と音波を結合する独自のフィルタリング技術が、レーダや通信周波数の検出向上に使える。  高帯域と広い機 […]

全文を読む

細胞内タンパク質の動きを調べる新たな計測手法を開発

January, 6, 2016, 東京--

NICT、北海道大学、大阪大学は、溶液中の蛍光分子の回転拡散運動を計測する方法の開発に成功した。  研究チームは、独自開発した検出器(超伝導ナノワイヤ単一光子: SSPD)を蛍光相関分光顕微鏡(FCS)のカメラとして使う […]

全文を読む

ドレクセル大学、パーキンソン症候群に新たなアプローチ

December, 24, 2015, Philadelphia--

ドレクセル大学が開発したポータブルデバイスを使って、アルバート・アインシュタイン医科大学の研究者は、パーキンソン症候群と健常者の脳活動パタンの差を特定した。  Brain Research誌に発表された論文は、バランス制 […]

全文を読む

新しいプローブでエレクトロニクスとフォトニクスを統合

December, 24, 2015, Leuven--

IEEE国際電子デバイス会議2015で、imec、KU Leuven、NERFは、CMOS適合プロセスを使って12のモノリシック集積オプトロードを統合する一連のシリコン神経プローブを発表した。  そのプローブは、光遺伝学 […]

全文を読む

癌幹細胞の遺伝子活動を変える薬剤を送達するナノボム

December, 18, 2015, Ohio--

オハイオ州立大学コンプリフェンシブガンセンター(OSUCCC-James)の研究チームは、近赤外レーザ光を受けて膨らみ破裂するナノ粒子を開発した。  そのような「ナノボム」は、生物学的障壁を克服する可能性がある。そのよう […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。