All about Photonics

Science/Research 詳細

サザンプトン大学、新しいマーキング技術で脳の働きを見る

ImageJ=1.45sunit=inch

January, 7, 2015, Southampton--サザンプトン大学の研究チームは、脳の働きの理解促進を助けるために個々の脳細胞をカラーマーキングした。
 神経科学研究では、細胞に個別ラベル付けし、空間的時間的に追跡することが課題になっている。人の脳には数十億の細胞があり、それを個別細胞レベルで区別してその活動を変更することは、そのような複雑な臓器を理解するために不可欠である。
 新しいマーキング技術は、マルチカラーRGBトラッキングとして知られており、これにより単一の細胞を、3つの基本色(赤、緑、青)のランダムな組合せによって生成される、継承可能なカラーマークで符号化することができる。
 脳に3つのウイルスベクタを含む溶液を注入し、それぞれがこれら3色の各々において1つの蛍光タンパク質を生成する。個々の細胞は、3色から1つの組合せを獲得し、特徴的なウォーターマーク(透かし模様)を得る。このアプローチによって、研究者は、他の方法では見ることができず、相互に区別できない細胞を色で符号化することができる。
 細胞がマーキングされると、そのマークはDNAに統合され、その細胞で永久に表現される。これはドーター細胞と同じである。
 研究者の次のステップは、RGBベクタを持つ、関心のある遺伝子を多重遺伝子組み換えによって、生理機能を替えたり、ある細胞を特定することである。細胞に蛍光タンパク質を発現させたのと同じ方法で、研究チームは目標遺伝子の細胞表現を変えられると考えている。これは遺伝子治療ベースの治療法を補強することなる。