All about Photonics

Science/Research 詳細

イエナ大学、カラフルナノ粒子を標的細胞に輸送

December, 12, 2014, Jena--イエナの研究チームは、極めて特殊なナノ粒子の生成に成功した。
 結合した染料に応じて、ナノ粒子は肝臓や腎臓に誘導され、活性成分のペイロード(荷重)を直接、標的細胞に放出する。さらに、染料は、生体顕微鏡によって、あるいは非侵襲的方法、マルチスペクトラル光音響トモグラフィによって、その輸送プロセスの追跡を可能にしている。siRNAに誘発されたコレステロール生成の抑制が、開発方法の原理実証として使われた。
 標的指向の治療アプローチには大きな願望の1つがある。いわゆる低分子干渉RNA分子、siRNAだ。これらは、エンコードされたタンパク質の生産を阻止することによって、特定の遺伝子を弱めることができる。これを実行にするには、siRNAを特別に標的とした細胞に輸送して、そこだけで機能するようにしなければならない。それ以外のどこかで機能することはあってはならない。さらに、siRNAは排出されてはならず、最悪でも健全な細胞に障害を与えてはならない。siRNAの取扱が非常に難しいのはここである。イエナ、ミュンヘン、USの研究者が、この遺伝物質用ナノトランスポータの生成に成功した。遺伝物質は、特異的に、効率よく、選択した細胞タイプを標的にし、その活性ペイロードをそこで放出する。 
 ポリマベースの粒子は、近赤外蛍光染料でマークされ、siRNAを搭載している。染料は、アドレスラベルや一体となった粒子の追跡ナンバーのように機能する。「染料の化学構造に応じて粒子は、腎臓組織あるいは肝臓細胞を介して血液から取り除かれる。同時にこのルートは、染料の助けを借りて、光学的方法で簡単に追跡できる」とMichael Bauer教授は説明している。
 こうしてsiRNAロードは標的細胞だけに放出される。特殊機能ナノコンテナは、フリードリヒ・シラー大学イエナJCSM(Jena Center for Soft Matter)の研究室で設計され作られた。「この方法は多数の異なるsiRNAナノトランスポータの一種のツールボックスと見なせる。これによって、異なる細胞タイプの中で、標的にした特異タンパク質生合成ののスイッチオフが確実になる」とDr. Ulrich S. Schubertは言っている。非結合染料の先行的テスト、病気に関連する遺伝子のスイッチオフができるので、この原理は様々な病気の個別治療への新しいアプローチになる。研究チームは、この技術をさらに発展させて、臨床環境、特に急性の特異的感染症で実用化したいと考えている。