All about Photonics

Science/Research 詳細

組織診断用イメージングファイバ内視鏡

December, 14, 2021, Jena/Leibniz--現在の方法では、ガン手術が終わって初めて、腫瘍全体が実際に切除されたかどうかを確実に判断することができる。イエーナからの学際的研究チームは、新しいタイプのファイバ内視鏡を発表した。
 これは、将来、手術中に直接体内の腫瘍境界を可視化するために使うことができる。プーローブは、特別に開発されたマルチモードファイバベースであり、形態学的情報とバイオメディカル情報の両方を含む組織画像を提供する。ライプニッツフォトニック技術研究所(Leibniz IPHT)、フリードリッヒシラー大学イエーナ、GRINTECH会社の研究チームが、„Light: Science & Applications“ (DOI 10.1038/s41377-021-00648-w).に成果を発表した。

患者が、ガン手術の成功を確認するには数日かかる。生検の組織病理学検査だけが、腫瘍全体が実際に除去されたかどうかについて確実にするからである。それに対して、イェーナ研究チームが開発したファイバ内視鏡は、リアルタイム診断達成の可能性を開く。プローブは、3つのイメージング技術を同時統合して、体内からの高分解能組織画像を提供する。それには形態学的情報とバイオメディカル情報の両方が含まれる。

数日後ではなくリアルタイム診断
 「その内視鏡は、迅速かつ高信頼に健康な組織と病的組織の区別ができる。それを生体内で、つまり侵襲性の少ない検査で行うために、プローブが疑わしい組織に直接設置されている」とLeibniz IPHTの科学ディレクタ、Jürgen Popp教授は説明している。新しいプローブは、同教授のリーダーシップ下で研究された。

侵襲性の少ない検査のために柔軟なプローブ
 この目的で、Leibniz IPHTのファイバ技術チームが、特別なマイクロ構造光ファイバを開発した。GRINTECH社のインテリジェントで超コンパクトな光学コンセプトと組み合わせて、マルチモード非線形内視鏡向けに完全なファイバベース内視鏡セットアップができる。プローブは、製造が比較的安価であるが、現在、商用の入手可能なかさばるレーザスキャニング顕微鏡利用と同様に組織画像を撮る。将来的には、その新しいマルチモード画像プローブは、手術や内視鏡でラベルフリー組織診断の新たな可能性を開くことができる。例えば、手術中に腫瘍境界を明確に特定する」とJürgen教授は説明している。

(詳細は、https://www.leibniz-ipht.de)