All about Photonics

Science/Research 詳細

LZH、レーザで骨のセメントを優しく除去

1

February, 3, 2021, Hanovar--股関節プロテーゼを取り替えるとき、大腿骨の旧い骨セメントを最初に除去しなければならない。Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、医者が古いセメントを優しく、改善された視覚で除去できる内視鏡ベースのレーザシステムを開発している。

股関節プロテーゼは,身体での保持期間が長く、平均で10~15年になる。しかし、世界で約100万のプロテーゼが毎年取り付けられており、したがっていわゆる見直し、新しいプロテーゼの取付は、比較的一般的である。それらのしっかりした固定を確実にするために、骨セメントで大腿骨に固定されることが多い。プロテーゼ取替時には、古い骨セメントは、完全に除去されなければならない。今までのところ、外科医が、苦労して機械的に、あるいは超音波でそれを除去する必要がある。両方の処置とも非常に時間がかかる。

内視鏡ベースレーザシステム
LZHの研究チームは、レーザビームとカメラをガイドする精密な内視鏡の開発を考えている。外科医は、レーザで古いセメントを分割し、除去を容易にする。カメラのビデオ画像により、医者は、骨内部のプロセスを直接見ることができる。組みこまれた選択的照明は、セメントと骨のコントラストを強めるはずである。これにより医者は骨の内部をナビゲートし、骨と骨セメントとを区別することが容易になる。

LZHのバイオフォトニクスグループは、古くなった骨セメントの分光学的分析、レーザアブレーション、臨床デモンストレータを開発する。長期目標は、手術の期間を短くし、処置を安全に、患者にとって侵襲性を少なくすることである。

(詳細は、https://www.lzh.de)