All about Photonics

Science/Research 詳細

人工股関節の置き換え、レーザで骨セメントを除去

1

September, 9, 2020, Hannover--股関節を置き換えるとき、まず大腿骨の古い骨セメントを除去しなければならない。複雑な手順である。Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、内視鏡ベースレーザシステムを開発した。これにより医者は古い骨セメントをこれまでよりも優しく、よく見ながら除去することができる。

股関節は、体内に長期間保持され、平均10~15年である。しかし、世界的に約100万の関節が毎年取り付けられるので、いわゆる補正、新しい関節の取付は比較的一般的である。それらがしっかりと留まっていることを確実にするために、骨セメントで大腿部に固定されることが多い。人工関節を置き換えるときには古い骨セメントは除去しなければならない。これまでのところ、外科医が苦労して機械的に、あるいは超音波で除去する必要がある。両方の処置とも非常に時間がかかる。

内視鏡ベースレーザシステムが手術を簡素化
LZHの研究者は、レーザビームやカメラが誘導する精密な内視鏡の開発を考えている。医者は、レーザで古いセメントを分離し、除去を容易にする。カメラのビデオ画像により外科医は、骨内部のプロセスを直接見ることができる。組みこまれた選択的照明がセメントと骨のコントラストを強めるはずである。これにより外科医は骨内部を容易にナビゲートし、骨と骨セメントを区別することができる。

LZHのBiophotonics Groupは、古くなった骨セメント、レーザアブレーションプロセス、臨床デモンストレータの分光分析を開発する予定である。長期目標は、手術の時間を減らし、患者にとって処置を安全に、侵襲性を少なくすることである。

(詳細は、https://www.lzh.de)