All about Photonics

Science/Research 詳細

LZH、高スループットスクリーニング細胞トランスフェクションに新プロセス

201603121_pm_lzh_gnome_final_bild1

April, 15, 2016, Hannover--LZHによると、これまで、高スループットスクリーニングで、効率的かつ細胞を保存するトランスフェクションの確立された方法は、満足のいく結果にはなっていない。
 産業共同研究プロジェクト(IFG)の範囲で、レーザツェントルムハノーバe.V.(LZH)とパートナーは、高スループット、金ナノ粒子ベースのレーザトランスフェクションの開発に成功した。
 このトランスフェクション法は、光誘起プロセスであり、細胞に入ってくる分子によって特徴づけられている。金ナノ粒子を細胞に着けることにより、レーザ照射下で、光熱効果が実現する。これにより、分子の細胞への効率的送達が可能になる。
 細胞トランスフェクション(cell-transfection)のために確立された方法と比較すると、リスクや努力は、金ナノ粒子プロセスによって著しく削減できる。光学メカニズムの利用によって、その方法は、使用される細胞や分子のタイプからの独立性が非常に強くなる。また、より大きなサンプルでは、トランスフェクションは、より正確に、細胞特異的に実行できる。
 プロジェクト内で、非常に多くのアプリケーションデータがすでに収拾できており、アプリケーション分野が検証できている。生体光イメージング&操作グループ(Biophotonic Imaging & Manipulation Group)が、顧客固有の方法にテストサービスを行う。また、細胞トランスフェクションプロセスは、顧客の仕様にしたがって、比較可能である。