All about Photonics

Business/Market 詳細

OCTが牽引する臨床イメージング市場、2020年に20億ドル

December, 9, 2014, Boston-- ラクスリサーチ(Lux Research)によると、OCTが牽引する臨床光学イメージング市場は、2020年には2012年の2倍以上、20億ドルに達する見込だ。
 イメージング市場におけるOCTのシェアは60%だが、その支配的な座は維持されると見られている。これは、OCTのアプリケーションが眼科で確立され、さらに心臓学、腫瘍学、消化器病学に拡大するからである。他の技術、近赤外分光(NIRS)や光音響トモグラフィ(PAT)も高い成長率が見込まれているが、リアルタイム光学的生検や外科手術ガイダンスは長期的には数十億ドル領域に発展すると予測されている。
 「光学イメージング市場の成長を牽引するのは、この先5年はOCTセグメントだ。第1の理由は、それが大量に採用されることが明らかだからである」とリサーチアナリスト、Milos Todorovic氏は説明している。同氏は、調査レポート「既存標準治療を超えた臨床イメージングの進歩:新しい光学イメージング法の評価」の著者。
 「長期的には、光音響学のような多様なシステムを開発している企業に魅力がある、そういう企業の対象市場が大きくなるからだ」と同氏はコメントしている。
 同社のレポートによると、典型的なOCTシステム、医療用カートサイズのものは、平均で8万ドル~25万ドル。「ハイポテンシャル」と言われるコンパクトイメージングは、ディスクリートな光学素子の代わりに、固体コンポーネントを採用することで、より手頃な価格になると見られている。