All about Photonics

Business/Market 詳細

Eikon、シリーズBで5億1780万ドル調達

January, 17, 2022, Hayward--創薬のための生細胞超高分解能顕微鏡アプリケーションのパイオニア、Eikon Therapeuticsは、シリーズB増資で5億1780万ドルを調達した。同社は、2年前の設立以来、6億6800万ドル以上を調達している。目的は、重病処置のための新治療法開発を進めることである。

「従来の分子生物学や医療化学とともに、先端的エンジニアリングとハイパフォーマンスコンピューティングを通じてEikonは、生物学的研究のために一連の革新的ツールを開発している」と同社CEO/役員会チェアマン、Roger M. Perlmutterは話している。「投資家の支持を得て当社は、生細胞イメージングの産業化を飛躍的に進めること。今回の新規融資をを利用して、生命の改善と延命のための革新的医療を開発するわれわれのミッションを迅速に進める」。

生化学制御は、細胞構成要素間のダイナミック、短時間相互作用を必要とする。しかし、これらの生物系の科学界の理解の多くは、凍結された、固定材料から得られた静的スナップショットに基づいている。Eikonは、独自の専用プラットフォームでこれを変更することを狙っている。これは、生細胞におけるタンパク質の相互作用を並外れた空間的、時間的分解能で精密評価を可能にする。このアプローチは、先端イメージング、ハイパフォーマンスコンピューティング、分子生物学および細胞生物学、医化学、ロボット工学をサポートするツールの統合を必要とする。

「Eikonの研究は、技術、生物学、化学の交差するところにあり、タンパク質の動的挙動についてのかなりの量の情報は、これが生み出す」とT. Rowe Price投資アナリスト、John Hallはコメントしている。「Eikonは、生物学的システムの評価のために独自の技術プラットフォームを開発し、ブレイクスルー医療の導入を加速しようとしており、われわれはEikonのワールドクラスの学際的チームをサポートする」と同氏は続けている。
 T. Rowe Price Associates, Inc.,は、シリーズB増資のアドバイザーの1つでアリ、その他にCanada Pension Plan Investment Board (CPP Investments), EcoR1 Capital, UC Investments他が参加している。

(詳細は、https://eikontx.com/technology)