All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の医療用レーザ市場、2026年に162億3000万ドル

December, 20, 2019, Portland--Allied Market Researchの調査「医療レーザ市場、製品、アプリケーションおよびエンドユーザ: 2019-2026グローバル機会分析と産業展望」によると、世界の医療レーザ市場規模は、2018年に69億4700万ドル、2019-2026年にCAGR 10.8%成長で、2026年には162億3000万ドルに達する見込である。2018年皮膚科セグメントが、全市場の約1/3を占めた。

医療レーザは、強力な光ビームを使って組織を切り、焼き、破壊するデバイス。医療レーザ処置は、非侵襲的であり、治癒を早める。こうした処置は、皮膚や組織に痕跡を残したり脱色したりすることのない組織の処置に利用される。キズの手当、角膜再形成、歯科処置、腫瘍除去、乳腺手術などもこれに含まれる。

調査の要点
・製品タイプでは、ダイオードレーザセグメントが、予測期間に最速成長セグメントとなる見込である。
・アプリケーションでは、皮膚科セグメントが、2018年では最大シェア、予測期間でもこのトレンドは続く見込である。
・エンドユーザでは、手術セグメントが、予測期間に最高CAGR 11.6%成長が予想されている。
・2018年世界の医療レーザ市場では米国が最高収益を生み出し、世界市場の2/5以上を占めた。
・APACは、予測期間に最高CAGR 12.3%成長が予想されている。

(詳細は、https://www.alliedmarketresearch.com/)