All about Photonics

Business/Market 詳細

ヘルスケア市場のAR/VR、2025年に65億ドル

July, 31, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ヘルスケア市場の拡張現実と仮想現実、提供品(ハードウエアとソフトウエア)、デバイスタイプ、エンドユーザ、アプリケーション(患者ケア管理、医療トレーニング&教育、薬局管理、手術)および地域毎の2025年までの予測」によると、市場は、2017年の8億ドルから、2017-2025年にCAGR 30.7%成長で、2025年には65億ドルに成長する見込である。
 ヘルスケア分野で接続機器の普及増、ARおよびVRヘルスケアへの投資増、ヘルスケアコスト削減要求の高まりが、ヘルスケアにおけるAR増、ヘルスケア市場におけるVR増を後押ししている。

予測期間にハードウエアが高成長
 ARとVRは、センサ、半導体コンポーネント、ディスプレイ&プロジェクタ、位置追跡器、カメラなどハードウエアを必要とする。スマートフォンやタブレットなどハンドヘルドディスプレイデバイスで用いられるセンサは、AR市場で重要な役割を担う。GPSやコンパスは、モバイルフォーンでルートナビゲーションに用いられる。カメラは、ARの不可欠の部分であり、将来的にスマートフォンユーザに最適な効果をもたらすと予測されている。これらのコンポーネントが、予測期間にヘルスケアのARとVRハードウエアの成長を牽引する。

予測期間にHUDのCAGRが高い
 院外ケアや救急医療に関するHMDsの利用は、大事故や災害医療の負傷者救済に役立つ。HMDsは、ヘルスケア産業で普及が増加しているため、ヘルスケア市場のVRは高成長率が予測されている。ヘルスケアにおけるAR/VR HMDsの主な利用例は、入院前の医療ケア、臨床環境における看護、院内の医療処置を含む。まだ、ARスマートグラスの利用は、ヘルスケア市場におけるAR利用を促進する高率成長が予測されている。ヨーロッパの研究者は、医療行為の効率改善のためにAR HMDsを開発している。ビデオ光学シースルー拡張現実手術システム(VOSTARS)、医療バイザは、患者のX線画像をその生体構造と3Dで一致するように容易に重ね合わせることができる。

予測期間に手術応用が高成長
 医師や患者は、外科手術における精度の重要性を認識している。拡張現実(AR)手術、外科訓練ツールは、外科医の術野視界にコンピュータ生成画像を重ね合わせる技術を使う。それは、患者の内蔵とコンピュータ生成オーバーレイの合成図を提供するものである。これにより外科医の手術経験が強化される。特殊な手術手順で外科医を訓練することは、難しく費用がかかる。外科用アプリケーションの高成長は、手術手順で利用されるAR/VR技術の利点によるものである。AR/VRの利用は、外科医が手術をより効率的に実行するために役立つ。

APACにおけるヘルスケア用AR/VR市場は、予測期間に最速成長の見込
 APACは、新興経済であるので、新技術や進歩の採用に関して大きな変化が見込まれている。この地域では、最新技術の採用が増加すると予測されている。この地域には、ほとんどのエレクトロニクスやディスプレイパネルメーカーが存在するからである。健康管理、患者ケア管理、薬局管理が、APACのヘルスケアにおけるARとVRの成長に大きく貢献する見込である。これらのアプリケーションは、ヘルスケア市場プレイヤでAR/VRの大きな成長可能性となる。これは、医療提供者の認識向上、様々な産業における新技術採用増によるものである。特に、これは日本、中国、インド、韓国などの国々で言えることである。この地域におけるプレイヤの数の増加は、ヘルスケア市場におけるAR/VRの成長を後押しする。