All about Photonics

Business/Market 詳細

分光学技術世界市場、2023年に160億ドル超

March, 19, 2019, Wellesley--BCCリサーチのレポート「ライフサイエンスの伝統的および新興技術」によると、分光学技術の世界市場は、2018年の132億ドルからCAGR 4.4%成長で、2023年には163億ドルに達する見込みである。
 分光学は、物質の電磁放射調査を参照する。分光技術を利用して、様々な産業で試料品質を評価する。製薬、環境、バイオテクノロジー、飲食産業などである。
 
レポートのハイライト
・地域市場分析。APAC市場が2023年まで、4.9%最高成長率が見込まれている。ヘルスケア支出、バイオテクノロジーや製薬分野における強力な成長、増加する老齢人口のためである。
・市場セグメント分析。分子分光学が、2017年に収益に関して最大市場シェア37.1%。これに続くのが、原子分光、質量分光。2023年までに、分子分光市場セグメントが62億ドルを超えると予測されている。
・市場コンシューマ分析。世界の分光技術市場で、製薬会社とバイオテクノロジー会社が最速成長エンドユーザセグメント。2018年に65億ドル、その後CAGR4.6%成長で、2023年には、81億ドルに達する見込みである。

 「製薬分野の成長は、製薬およびバイオテク産業におけるR&D増加とともに、分光学市場に膨大な成長機会をもたらす」とBCCリサーチのアナリスト、Sathya Durgaは指摘している。
 世界の分光学技術市場では、いくつかの要素が成長要因となっている。質量分光計ワークフローや測定器における改善、ハンドヘルド計測器の小型化、製薬およびバイオテック産業で分光分析法の採用増、高度な計測装置やハイパフォーマンス試験の要求増、臨床および毒物学アプリケーションにおける分光分析の採用増などである。
(詳細は、https://www.bccresearch.com/)