All about Photonics

Business/Market 詳細

多産業からの需要増でラマン分光世界市場拡大

January, 15, 2019, Wellesley--BCCリサーチ「ラマン分光グローバル市場」によると、ラマン分光の利用が、ヘルスケア、半導体、国土安全など多くの産業で増加しているため、ラマン分光世界市場は、発展を続けている。
 ラマン分光グローバル市場は、2018年に18億ドル、予測期間にCAGR 8.9%成長で、2023年には27億ドルに達する見込である。

調査の要点
・製品分析用ラマン分光需要は、高精度と低コストにより、製薬産業で増加している。
・近年、医療産業で大きなR&D活動が行われている。研究者は、ラマン分光を利用して診断アプリケーションから積極的な成果を達成している。
・予測期間に、ライフサイエンスアプリケーションが、ますます優位性を獲得すると予測されている。これは製薬業におけるハンドヘルドラマンアナライザの需要増によるものである。この市場のベンダは、市場の要求に応えるために新たなラマンデバイスも開発している。

 「ラマン分光は、生体サンプルの分析に適用され、組織の病理学的変態中、分子に生ずる変化を検出する。ガン診断におけるこの技術の利用は、リアルタイム、最小侵襲診断で心強い結果を示している。共焦点ラマン技術は、皮膚の老化プロセスの分析適用でも成功しており、この分野で新たな洞察が見られる」とレポートは説明している。
 従来の採血技術は苦痛であり、他にも望ましくない特徴がよく見られる。非侵襲的採血法は、グルコースや他の血液被検質には魅力的な代替であることが証明されている。現在、いくつかの方法が開発されているが、近赤外分光と多変量回帰分析を用いる方法は、最も有望視されている。