All about Photonics

Business/Market 詳細

ヘルスケア認知コンピューティング、AI市場、2022までに45.9%成長

November, 28, 2018, Wellesley--人工知能(AI)と認知(コグニティブ)技術は、非常に勢いづいており、近年、普及が拡大している。ヘルスケアにおけるコグニティブコンピューティングとAI市場は、提供法、技術、アプリケーション、エンドユーザおよび地域に分けられる。BCCリサーチの調査では、この市場は2022年までに161億ドルに達する見込である。
 コグニティブヘルスケア産業は,人と技術との新たな結びつきを示すものであり、グローバル規模でヘルスケアを変革する可能性を持つ。理解し、考え、学習するコグニティブシステムは、人々を支援し知識基盤を拡大し、生産性を高め、専門性を深める。BCCリサーチの「ヘルスケアにおけるコグニティブコンピュータと人工知能システム市場」によると、2017年の24億ドルから、5年でCAGR 45.9%成長する見込である。
 アプリケーションでは、市場はロボット支援手術、バーチャル介護、管理ワークフロー支援、不正検出、用量間違い低減、臨床試験参加者識別子、予備診断などに分類されている。エンドユーザでは、市場は、ヘルスケア提供者、製薬会社とバイオテクノロジー会社、患者、支払人に分けられている。

調査のハイライト
・提供法では、ソフトウエアが2017年は最高収益だった。2022年にかけてさらに45.5%拡大する見込である。ハードウエアは、5年CAGR(47.8%)が最高になると予測されている。
・技術では、自然言語処理が2017年に最高収益、2022年にかけて45.0%成長が見込まれている。最高5年CAGR(50.2%)は、ディープラーニング(DL)となる見込。
・コグニティブコンピューティングによってユーザは、これまでアクセスできなかった健康データを見ることができるようになる。

「人は、膨大な量の健康関連データを生み出す。これらのデータは、幅広い様々なソースから来る。例えば、個人のフィットネストラッカー、モバイルアプリ、電子医療記録、ゲノムや臨床研究など。AIとコグニティブコンピューティングプラットフォームの発展により、これらのデータの廃棄や浪費が避けられる」とBCCリサーチアナリスト、Sangeeta Rai氏はコメントしている。

新しい種類の手術やスクリーニングへのAI適用は、開発途上地域の未開拓市場とともに、市場拡大の有利な機会を提供する。AI意思決定の制約、ヘルスケア専門家による制限付き受入は、被害や誤った解釈のリスクによるもであるが、これらが市場の成長の制限要因となる。