All about Photonics

Business/Market 詳細

DePuy Synthes、骨欠損処置を目的に3Dプリンティング技術を買収

July, 26, 2017, West Chester--Johnson & Johnson Family of Companiesの子会社、DePuy Synthes Products, Inc.は、Tissue Regeneration Systems, Inc. (TRS)から3Dプリンティング技術を買収した。
 TRSが開発した3Dプリンティング法により、DePuy Synthesは患者特有の生体吸収性インプラントを作製できる。このインプラントは、整形外科的、頭蓋顔面的変形および障害患者の骨癒合のサポートを目的に独自の無機コーティングがされている。買収条件は非公表。
 TRSからの買収は、同社事業の最優先プラットフォームである、ヘルスケアソリューションを真に個人化することが期待される新技術をTraumaにもたらす。また買収は、患者の生活を改善する画期的なイノベーション実現におけるDePuy Synthesのリーダーシップに基づいている。50を超える戦略的提携で、Johnson & Johnson企業ファミリは3Dプリンティング技術を生かして、患者特有のヘルスケアソリューションを開発する、これはとりもなおさず満足度の向上、臨床成果の向上を意味する。
 DePuy Systhesグループチェアマン、Ciro Römer氏によると、同社は3Dプリント製品の供給経路構築に組織的に投資している。「DePuy Systhes Trauma Platformに加わるTRS技術は、個別化されたソリューションで患者に対するヘルスケアを変える次世代技術の開発に当社がどのように取り組んできているかの最新の事例である」と同氏はコメントしている。
 DePuy Systhesは、2014年Johnson & Johnson Innovationを通じてTRSとの提携を始めた。それは、最高の科学を探究し、それに投資し、医療機器、コンシューマヘルスケア、薬学分野全般にわたりあらゆる開発段階で新たなパートナーシップを形成する。Johnson & Johnson Innovationは、DePuy SynthesとTRSの提携を円滑にした。
(詳細は、www.depuysynthes.com)