All about Photonics

Business/Market 詳細

医療用レーザ世界市場と技術、CAGR 15.3%成長

June, 19, 2017, Wellesley--BCCリサーチ(BCC Research)のレポート「医療用レーザのグローバル市場と技術」によると、レーザの外科手術と新生医療用途が医療用レーザ機器産業を活気づけており、この産業は、2022年までCAGR 15.3%の成長を見込んでいる。
 美容目的や選択的処置に影響を与える経済の減速にも関わらず、米国とカナダにおける需要は力強く、医療用レーザグローバル市場の約半分を占める。全体として、販売は次の5年で115億ドルに達する見込みである。
 BCCリサーチは、診断用途の成長が一段と高いと見ており、予測ではCAGR 18%程度になる見込み。治療利用は、約14%成長で、2022年までには販売は74億ドルに達する見通しである。医療用レーザは販売では、眼科が最大のエンドユーザセグメントであるが、デバイスの歯科用途が急成長している。獣医、美容整形も増加している。
調査結果の要点
・医療用レーザの眼科用途が、2016年販売で24億ドル、世界規模の約半分を占めた。
・ヨーロッパとAPACが販売の約20%を占めている。また、美容レーザ産業は、マーケティングや販売経費低減を目的にCynosure,, Lumenisなどが他のプロバイダを買収、統合し基盤を強固にしている。