All about Photonics

Business/Market 詳細

バイオフォトニクス市場、2022年に631億ドル

March, 9, 2017, Portland--アライドマーケットリサーチ(Allied Market Research)が発表した「バイオフォトニクス市場レポートによると、世界市場規模は、2015年の316億ドルから、2016-2022年の期間にCAGR 10.4%成長で、2022年には631億ドルに達する見込みである。
 バイオフォトニクスは、生物学的物質を視覚化、検出、操作するために光を生成し利用する技術。世界のバイオフォトニクス市場は、ナノテクノロジーの登場、バイオセンサの開発、R&D資金の利用によって後押しされている。とは言え、この技術の複雑さのためにバイオフォトニクス計測器の高価格が市場の成長の制限要因となつている。
 2015年医療診断は、販売額で68%超の市場シェアだった。診断分野の技術進歩、慢性病の発生率向上、ヘルスケア認識の向上などが、バイオフォトニクス市場成長に貢献する主因。さらに、老年人口の増加により、医療診断の役割と重要性が拡大しており、これが市場の成長を著しく促進する。
 アプリケーションでは、透過イメージングセグメントが、この分野の研究強化により、2015年の販売額シェアで28%超であった。北米が世界のバイオフォトニクス市場で優位を占めており、販売額全体で36%を超えるシェアであり、今後もCAGR 9.5%で成長すると予測されている。これに、ヨーロッパ、APAC、LAMEAが続く。

調査の要点
・医療診断セグメントが2015年の市場で優位を占め、市場シェアは68%を超えた。しかし、非医療アプリケーションセグメントは、これよりも高いCAGR 14.3%で成長する見込みである。
・透過イメージングアプリケーションセグメントは、2015年で市場の約28%を占めた。
・LAMEAは、自動車産業の急成長により、高い成長率が予測されている。
・APACは、2015年、市場で優位を占めたが、これは中国、韓国、日本でバイオフォトニクスベースのデバイスの需要が急増したためである。