All about Photonics

Business/Market 詳細

手術用レーザ市場、2021年に23億7000万ドル

February, 15, 2017, Amsterdam--ASDReportsは、「手術用レーザ市場、製品タイプ、治療&アプリケーション、2021年までのグローバル予測」を発表した。
 このレポートは、予測期間2016-2021年の手術用レーザ世界市場を調査している。それによると、市場は2021年には23億7000万ドルに達する見込みである。2016-2021年にCAGR 5.1%で成長する。この市場の成長因に含まれるのは、手術用レーザの技術的な進歩、慢性病の高発生率、眼科疾患の高発生率、侵襲性の少ない手術に対する選好の増加である。とは言え、医療費返済の制約、レーザ手術に関連した高い治療コストなどが、今後この市場の適切な成長の制限要因となる見込みである。
 タイプ別では、手術用レーザ市場は5セグメントに分類されている。炭酸ガス(CO2)レーザ、アルゴンレーザ、Nd:YAGレーザ、ダイオードレーザ、他の手術用レーザ(ファイバレーザ、色素レーザ、Er:YAGレーザ、エキシマレーザ)。CO2レーザセグメントが最高CAGRで成長する。これは、CO2ベースの革新的な手術用レーザが普及していること、美容レーザ処置で技術的進歩が進行中であることが原因である。
 手術タイプでは、市場は、オープン手術、腹腔鏡手術、経皮手術に分けられている。腹腔鏡手術セグメントが市場で優位を占めている。この成長は主に、腹腔鏡手術の利点によるものであり、侵襲性の少ない治療に対する患者の認識の高まり、市場からの要求が成長の原動力となっている。
 アプリケーションでは、市場は、眼科、歯科、皮膚科、心臓学、婦人科、泌尿か、腫瘍学など(脂肪吸引術、ENT、GIT)に分かれている。泌尿学セグメントが最速成長の手術用レーザアプリケーションセグメントと予想されている。このアプリケーションセグメントの成長は、泌尿器系障害(腎臓結石、腎臓ガン、前立腺肥大など)の増加、侵襲性の少ない泌尿器手術に対する患者の選好の増大、手術用レーザ製品の技術進歩の進捗によるものである。
 2016年、北米が世界の手術用レーザの最大シェアを占めると見られている。しかし、APAC市場が、2016-2021年では最高CAGRで成長すると予測されている。APAC地域における市場成長を促進する要因には、標的疾患の患者数が多いこと(老年人口の急増と関連)、眼科疾患の負担を減らそうとする政府の戦略強化などである。
(詳細は、www.asdreports.com)