All about Photonics

Business/Market 詳細

世界のバイオフォトニクス市場、2ケタ成長の見通し

February, 8, 2017, Wellesley--BCCリサーチの調査によると、バイオフォトニクス世界市場では、製品開発と技術的進歩が二ケタ成長の原動力となっている。また、他の重要要素としては、増加する疾病率、新しい画期的な診断やモニタリングアプリケーションがある。
 世界のバイオフォトニクス市場は、2016年と2021年それぞれで、322億ドル、538億ドルに達し、5年のCAGRは10.8%の見込みである。北米市場がCAGR 10.5%成長で、2016年の約134億ドルから2021年には220億ドルに達する見込みである。アジア市場は2021年には112億ドルと予測されている。2016年の64億ドルから、5年CAGR 11.7%成長を反映している。
 米国が北米および世界市場で最大シェアを占め、これに続くのがドイツ、フランス、UK。他の傑出した地域としてはイタリアとスペインがある。新興市場では市場規模と成長では中国がリードしており、これに続くのがインド、ブラジル、ロシア。
 BCCリサーチアナリスト、Himani Singhi氏は、「市場は健全な成長率で伸びている。光バイオセンシング、光線療法、医療レーザなどのアプリケーションが急成長、高成長するからである。市場規模の点では、透視イメージングや内部イメージングが最大市場シェアを構成する」と分析している。